「音楽ストリーミング」11社が大連合組む理由

アップル、グーグル、アマゾンが横並び

11の定額音楽ストリーミングサービスが合同で展開する若手アーティスト発掘企画「NOW PLAYING JAPAN」。今年1月から行われた第1回の若手支援企画で優勝したMiracle Vell Magicは、ライブイベントへの出演が実現した(写真:NOW PLAYING JAPAN 製作委員会)

アップル、グーグル、アマゾンが横並びでタッグを組む――。にわかに信じがたい大連合が、日本の音楽業界で始まっている。手を組んだのは、国内で展開する11の定額音楽ストリーミング(逐次配信)サービスである。

冒頭のアメリカ3社のサービスのほか、「LINE MUSIC」「AWA」「dヒッツ」「レコチョクBest」などといった顔ぶれだ。世界最大手「Spotify」も参加し、国内で展開するほぼすべてのサービスが集結。これは世界でも極めて珍しいケースだ。

ストリーミングからヒット曲は生まれるか

プロジェクトの名は、「NOW PLAYING JAPAN」。狙いは、ストリーミングサービスから新たなヒット曲、ヒットアーティストを生み出すこと。プロジェクトは主に、新人の応援企画とライブイベントで構成されている。

NOW PLAYING JAPANに参加するアーティストの提供楽曲を集めたプレイリストを11のサービスで一斉に公開(画像:レコチョク)

新人応援企画は、デビューから5年以内、発売したフルアルバムは2枚までといった条件でアーティストを公募する。参加サービスの担当者が集まる全体会議で、応募した約100組の中から8組を選抜。アーティストは2曲ずつ楽曲を提供し、それを集めたプレイリストが各社のサービスで公開される。楽曲の再生回数で優勝アーティストを決める、という仕組みだ。

今年1月の第1回に続き、8月6日から9月9日までの期間で2回目となる“レース”が行われた。再生回数が最も多かった、ヒップホップユニットの「電波少女(デンパガール)」が優勝を決めた。

具体的な回数は公開されていないが、電波少女以外のアーティストが首位となったサービスもあるなど、接戦だったとみられる。イベント開始の前後1週間を比較すると、プレイリストに収録された楽曲の再生回数は全体で2.1倍に増加、最大で10.8倍にハネ上がったものもあったという。

次ページ仕掛人は“あの企業”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT