「音楽ストリーミング」11社が大連合組む理由

アップル、グーグル、アマゾンが横並び

NOW PLAYING JAPANはすでに3回目を見据えている。イベント開催は半年に1回程度のペースとなりそうだ。イベントの参加が認められれば、アーティストや楽曲の認知が一般ユーザーに広まり、ストリーミング再生回数が増加、アーティストにしっかり収益が還元される、といったサイクルを生むのが狙いだ。ライブも、10月末開催のものは2400人の集客(無料招待)にとどまるが、スポンサーの協力も得ながら規模を拡大していきたいという。

「これまでは業界内に取り組みを根付かせるという意識もあったが、3回目以降は一般向けに規模を広げたい。続けることが大事だと思っている」(スペースシャワー・山中氏)。「今最も聴かれているアーティストが出演する、という点もさらに強化し、大きなイベントにしていく」(ビルボード・礒﨑氏)。

ストリーミングならではの課題も

とはいえ、拡大に向けた課題もある。そもそもプレイリストは個々のユーザーに楽曲をレコメンド(お勧め)する目的があり、ストリーミングサービスの中核機能だ。趣味趣向と関連しないプレイリストをユーザーの目につきやすい場所に置き続けるのは難しい。

それゆえ参加アーティストのファンの中にも、イベント開催に気づかなかった人は少なくなかったようだ。また、NOW PLAYING JAPANのツイッターアカウントは、フォロワー数がわずか900余り。イベントの認知度はまだまだ低い。

世界大手も巻き込んだ奇跡の連合は、音楽業界を再び成長軌道に導けるのか、これからが勝負どころだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT