「麻雀放浪記2020」が映画界に投じた2つの問い

ピエール瀧被告出演作は宣伝手法でも大決断

4月5日から公開の映画『麻雀放浪記2020』。阿佐田哲也の小説が原案で、終戦直後に名をはせた雀士「坊や哲」が2020年にタイムスリップするブラックコメディだ (写真:©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会)

3月12日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕され、4月2日に起訴された。ミュージシャン、俳優、タレントとしてマルチに活躍していたこともあり、その影響はテレビ、映画、ラジオ、ゲームと広範囲に及んだ。

近年、著名人による犯罪やスキャンダルに対する世間の処罰感情は過剰なまでに高まっているが、それに対するコンテンツホルダーの対処法は明確になっておらず、その対応もケースバイケースという現状がある。

そんな中、映画会社の東映は、瀧被告が五輪組織委員会の元会長の役で出演していた映画『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)を、瀧被告のシーンを削除することなく、ノーカットで上映することを決定。自粛ムードが広がる現状に一石を投じた。

3月20日には、配給元である東映で緊急の記者会見が実施された。東映の多田憲之社長は、「協議の末、配給担当である弊社の判断で、ノーカットのままで公開することにいたしました」という。

ピエール瀧被告の登場シーンをカットせず公開

その理由として「あってはならない罪を犯した1人の出演者のために、作品を待ちわびているお客様に、すでに完成した作品を公開しないという選択肢はとらないという結論に至ったということでございます。現状、ほとんどの映画は劇場公開からスタートいたします。劇場での上映は有料であり、かつ鑑賞の意思を持ったお客様が来場し、鑑賞するというクローズドなメディアでありますので、テレビ放映またはCM等とは性質が異なります」と説明した。

観客に対しては劇場公開時にポスター、および上映前にテロップで、逮捕されたピエール瀧被告が出演していることを明示する。また、希望者にはムビチケ(デジタル映画前売券)の払い戻しにも応じるという。

次ページ作品に罪はない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。