映画の「日活」波乱の100年を経た現在の姿

映画製作にこだわり続け、国内外で高い評価

日活ダイヤモンド・ライン、パール・ラインの俳優陣(写真:日活)

石原裕次郎氏や小林旭氏など、日本を代表するスターを数多く発掘してきた映画製作・配給会社、日活。同社は、元号が大正に代わった1912年に誕生した。戦前・戦中・戦後と業界環境や資本、経営方針の変化を経験してきた同社の歴史は、日本映画の歴史そのものでもある。1993年には会社更生法の申請を経験しながらも、“日活”の社名を絶えさせることなくつなぎ続けた106年と日活の今に迫る。

日本映画の黄金期を支えた

日活が創業した1912年当時、映画産業は現代で言うところのベンチャービジネスだった。すべてが手探りの中で、中国革命の父・孫文と深い親交を持つ梅屋庄吉氏が立案し、4社が統合して「日本活動写真株式会社(日活)」が設立された。

この連載の一覧はこちら

その後は、国内有数の撮影所となった京都の大将軍や太秦撮影所、東京・多摩川撮影所などで盛んに日活ブランドの映画作りが行われたが、太平洋戦争下では、戦時統合により製作事業が日活の手を離れてしまう。

しかし、映画製作へのこだわりを捨てず、1954年には調布に新たな撮影所を建設し、製作事業を再開。再開第1回目の作品となった『国定忠治』(1954年、滝沢英輔監督)や『ビルマの竪琴』(1956年、市川崑監督)などの作品を世に送り出した。

次ページ「日活ニューフェイス」誕生の背景
人気記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。