カクヤスを「酒販の王者」にした3代目の手腕

23区をカバーする「1.2km商圏」戦略で席巻

ピンクの看板が目立つ、カクヤスの店舗(写真:カクヤス提供)

ピカピカの蛍光ピンクの看板が目印の「なんでも酒やカクヤス」。店舗では配達用リヤカーが次の注文を待っている。お酒の宅配サービスによって、業界ナンバーワン酒販企業となったカクヤスだが、実は創業97年の老舗だ。大正10年(1921年)、関東大震災から遡ること2年、カクヤスは東京で産声を上げた。

年商1000億円の「カクヤス」、はじまりは小さな町の酒屋

新潟出身の初代社長佐藤安蔵氏が、現在の東京都北区豊島で始めたのは「カクヤス酒店」という小さな酒屋だった。第二次世界大戦の最中、昭和20年(1945年)2月19日、空襲により、豊島地区は壊滅。店が焼けたため、より駅に近い場所に移転して店を始めた。

この連載の一覧はこちら

地元で親しまれていたカクヤスだったが、当時は事業を拡大させるのは難しい時代。当時、酒類販売業界は国税庁の厳しい監督下に置かれていたからだ。酒税を安定して徴収するために販売免許制を敷き、廉価販売にも否定的だった。

加えて、業界には互いに価格競争に持ち込まないという暗黙の了解があり、値引きで集客することは難しかった。そこで2代目社長・佐藤安文氏は近所の酒屋との軋轢を生まないよう、自店から遠い銀座に営業攻勢をかけたが、急拡大は叶わなかった。

次ページ3代目で急拡大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT