知らないと損をする「昆布水」の意外な効能

昆布はおいしいだけでなく健康にもいい

「昆布革命」と「昆布水」(写真:大阪昆布海産)

仕事で大阪に赴任した方の多くが、さすが食道楽の街だ、大阪では何を食べてもおいしいと言います。でも、大阪を代表する食べ物は何かと聞かれても、すぐにコレとは思い当たりません。ではなぜ皆さんに喜ばれるのでしょうか。

その理由を「料理に昆布だしを使っているから」というのが、大阪市北区天神橋に本社のある昆布問屋「大阪昆布海産」の喜多條清光社長。創業70年の老舗のご主人です。

いささか手前みそに聞こえますが、薄味の汁物はもちろん、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もんも、粉を昆布だしで溶いているからおいしいと聞けば、なるほどと思います。昆布だしが大阪料理の隠し味なのです。

昆布は健康にもよい

この連載の一覧はこちら

「昆布はおいしいうえに健康にいいのです」。喜多條社長はそう付け加え、1枚の写真を見せてくれました。

その写真には浴衣姿でひげを生やした恰幅のいい人物が写っています。北新地で夜ごと遊び歩いていた頃の社長のスナップです。当時57歳で体重100kg、血圧は上は160近く、下は110を超えていました。体は絶不調。医者に行けば「まず体重を落としなさい」と言われたそうです。

10年以上も遊んで、そろそろ家業の昆布屋を一生懸命やろうと考えていた頃だったので、試しに昆布水を毎日飲んでみることにしました。すると2週間目ぐらいから、高血圧や肥満が少しずつ改善。以後、昆布水を使った料理を食べ続けて、今では体重70kg、血圧も50ほど下がって上110、下66になりました。

まるで薬の宣伝でよくある「使用前、使用後」です。「食べるものはまったく制限しませんでしたが、数値は劇的に改善しました。現在、悪いところは1つもありません」と言われます。

(左)体重100キロ以上の肥えていたときの社長、(右)現在の社長(写真:大阪昆布海産)
次ページ遊び歩いた日々
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。