忙しい大人に勧めたい、激ウマ「だし生活」

「ビーフジャーキーだし」などどれも簡単!

絶対に挫折しない、世界一簡単な「だし」のとり方とは?(写真:MM4 / PIXTA)

いま、「だし」がじわじわ人気化している。福岡の自然食レストラン「茅乃舎」のあご入りだしパックが大人気で、週末ともなるとレジには行列ができるほどだ。この茅乃舎人気を受けて、他社からもこだわりのだしパックが続々登場。百貨店やショッピングモールをにぎわせている。

ホットコーヒーを買うような感覚で本格的なかつおだしが1杯100円で飲める、にんべんの「日本橋だし場」も大にぎわいだ。手軽に本物のだしが楽しめるとあって、ビジネスマンやOL、観光客で終日ごった返しており、羽田空港店や丸ビル店、海老名サービスエリア店など、続々と店舗を増やしている。

「だし」が大好きな日本人

これらの人気からもわかるように、日本人はやはりだしが大好きなのだ。幼いころから慣れ親しんでいる、かつお節や昆布、煮干しなどのだしの香りをかぐだけで、ホッとするという人は多いだろう。かくいう私もそのひとりだが、「難しそう」「めんどくさそう」と、なかなか自分でだしをとることが出来ず、顆粒だしやパックを使って料理していた。

そんな、だしのど素人であるわたしの、だしを巡る冒険&成長物語であるドキュメンタリーエッセイ『だし生活、はじめました。』(祥伝社)で取材を重ねていくうちに、絶対に挫折しない、世界一簡単なだしのとり方にたどり着いた。それが、コーヒードリッパーでとるかつおだしと、麦茶ポットでとる昆布だしだ。

次ページコーヒードリッパーでだしをとる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。