忙しい大人に勧めたい、激ウマ「だし生活」

「ビーフジャーキーだし」などどれも簡単!

絶対に挫折しない、世界一簡単な「だし」のとり方とは?(写真:MM4 / PIXTA)

いま、「だし」がじわじわ人気化している。福岡の自然食レストラン「茅乃舎」のあご入りだしパックが大人気で、週末ともなるとレジには行列ができるほどだ。この茅乃舎人気を受けて、他社からもこだわりのだしパックが続々登場。百貨店やショッピングモールをにぎわせている。

ホットコーヒーを買うような感覚で本格的なかつおだしが1杯100円で飲める、にんべんの「日本橋だし場」も大にぎわいだ。手軽に本物のだしが楽しめるとあって、ビジネスマンやOL、観光客で終日ごった返しており、羽田空港店や丸ビル店、海老名サービスエリア店など、続々と店舗を増やしている。

「だし」が大好きな日本人

これらの人気からもわかるように、日本人はやはりだしが大好きなのだ。幼いころから慣れ親しんでいる、かつお節や昆布、煮干しなどのだしの香りをかぐだけで、ホッとするという人は多いだろう。かくいう私もそのひとりだが、「難しそう」「めんどくさそう」と、なかなか自分でだしをとることが出来ず、顆粒だしやパックを使って料理していた。

そんな、だしのど素人であるわたしの、だしを巡る冒険&成長物語であるドキュメンタリーエッセイ『だし生活、はじめました。』(祥伝社)で取材を重ねていくうちに、絶対に挫折しない、世界一簡単なだしのとり方にたどり着いた。それが、コーヒードリッパーでとるかつおだしと、麦茶ポットでとる昆布だしだ。

次ページコーヒードリッパーでだしをとる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT