忙しい大人に勧めたい、激ウマ「だし生活」

「ビーフジャーキーだし」などどれも簡単!

だしを巡る冒険&成長物語、ドキュメンタリーエッセイ『だし生活、はじめました。』(祥伝社)。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

取材をしている中で意外なものから、だしがとれることもわかった。中でもおもしろかったのが、「するめ」と「ビーフジャーキー」だ。

するめは、以前とある和食店で食べた「するめ雑炊」がとてもおいしく、たまたまもらいもののするめが家にあったので、自分でも再現してみた。するめをひたひたの水に漬けて、冷蔵庫でひと晩おくだけ。するめがほどよくやわらかくなり、イカのいいだしが出る。生のイカからは決して出ることのない味。このだしで雑炊を煮込み、具にもするめを刻んで入れ、塩少々で調味。これだけで、味わい深いするめ雑炊の完成。アツアツで、うま味たっぷり。寒い冬の夜には最高だ。

ビーフジャーキーも、これまたもらいものがあったので、興味本位で水に漬けてみた。もう、乾物からだしをとるのがおもしろくなって、乾いた食材を見るとかたっぱしから漬けてみたくなったのだ。

ひと晩おいてみたところ、ジャーキーのだしがしっかりと出ている。肉のうま味がたっぷりで、しょうゆやスパイスも入っているため、かなりスパイシーな味わい。このだしを調味料のように使い、刻みジャーキーと卵でビーフジャーキー炒飯を作ってみたところ、驚愕のうまさ。男子が好きそうなジャンクな炒飯は、なかなかクセになりそうな味わいだ。

忙しい男性にこそおすすめの、だし生活

このように、どっぷりとハマっているだし生活。簡単、おいしい、減塩、体にやさしいなど、いいことずくめ。あまりにもおいしいので、だし生活を始めてから、顆粒だしとだしパックを一度も買っていない。キッチンに残っていた顆粒だしも、使わないので処分してしまったくらいだ。それくらい、自分でとるだしのほうが、比べ物にならないくらいおいしいのだ。

私の周りに、自宅でのラーメン作りにハマっている凝り性な男性が何人かいるのだが(ラーメン作りにハマるのは大抵男性だ)、豚骨や鶏ガラ、魚介、野菜などなど、さまざまな材料からだしをとるため、1杯1万円くらいの超高級ラーメンになっていることも少なくない。というか多い(笑)。ここまでいかなくても、日々の家ごはんにだしを取り入れるだけで、料理が簡単にシンプルになるうえに、確実においしくなる。ちゃちゃっと作った手料理もはるかにグレードアップ。「体にいいことをしている」という実感も確実に得られるため、忙しい男性にこそ、ぜひだし生活を始めてみることを強くおすすめしたい。

だし生活、楽しいですよ!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT