ウマミバーガー「日本で5年内に10店」の勝算

北青山の日本1号店はフル回転の人気が続く

3月24日に港区北青山にオープンした「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)日本第1号店(筆者撮影)

米国ロサンゼルスで創業し、現在全米で25店舗を展開しているハンバーガーレストランUMAMI BURGER(ウマミバーガー)の日本第1号店が、3月24日、港区北青山にオープンした。2016年12月の上陸が発表されていたものの、予定より約4カ月遅れてのオープンとなった。スタッフのトレーニングに時間がかかったほか、日本で仕入れられる食材で本国の味を再現するレシピ検討などに時間を要したとみられる。

店舗の運営を担うのはウマミバーガージャパン。もともと日本展開を行ってきたのはメディロスホールディングスだが、開業に際し、運営を行う企業として、2016年12月1日設立した。メディロスホールディングスはスティーブン・メディロス氏が社長を務める、衣食住ブランドの卸売り・販売・企画を行う会社だ。

開店2カ月経った現在も「フル回転」

スティーブン・メディロス社長(筆者撮影)

開店直後はメディアの露出も多く、行列ができる繁盛ぶりを見せた。飲食店はオープン直後ではなく、話題性が薄れ、客足が落ち着くぐらいの時期からが勝負と言えるが、現在の様子はどうなのだろうか。

「初日の客数は予想より100人ほど多い約700人で、本当にフル回転でした。1週間ぐらいで500~600人前後まで落ち着いてきて、今はその客数をキープしています」(ウマミバーガージャパン スティーブン・メディロス社長)

店内の席数は60席。11時間(11:00~22:00)の営業時間内で9~10回転するということなので、これでもほぼフル回転に近い。普通ならば“うれしい悲鳴”といったところだろうが、同店にしてみれば手放しでは喜べないようだ。

次ページ「ファストフード」ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT