「いきなり!ステーキ」は弁当も非常識だった

肉の柔らかさ、ソースを忠実に再現

ミニストップで販売する、いきなり!ステーキ監修の「アンガスビーフステーキ重」798円(写真:ミニストップ提供)

コンビニ業界の再編で注目が集まるコンビニ4位ミニストップが、思い切った商品を発売した。12月27日現在、国内116店舗、ニューヨーク支店のオープンにもリーチがかかる、絶好調のいきなり!ステーキ(以下、いきステ)とのコラボ弁当である。

商品は、「いきなり!ステーキ監修」と銘打つ「アンガスビーフステーキ重」(798円)、「ワイルドビーフハンバーグステーキ」(598円)の2種類の弁当と、ハンバーガー、おにぎり、スパゲティなどだ。

12月13日に発売され、週末を挟んだ出足は「米飯・デリカ・総菜パンのカテゴリー全体で、昨年のキャンペーンに比べ売り上げが104%増。売り場全体の活性化につながっている」(ミニストップ広報担当 山盛雅美氏)という。現時点では、ハンバーグとハンバーガーの売れ行きが非常によいとのことだ。グルメバーガー人気が世間で高まっていることもあるだろう。今回の商品は期間限定で、少なくとも年内は販売される予定だ。

いきステの看板メニューを厳密に再現

ワイルドビーフハンバーガー398円(写真:ミニストップ提供)

商品の特徴は何と言っても、いきステの看板メニューを厳密に再現したこだわりの味である。見た目のボリューム感も本家に負けていない。そのほか、本家のメニューにはないハンバーガー、おにぎり、スパゲティも、この時期にしか食べられない「企画限定商品」としてプレミアム感を添えている。

肉ブームを背景に、ユニークな戦略で業績を伸ばすいきステとミニストップのコラボは、今までになくキャッチーに思える。ただ、コンビニ再編を意識しているかといえば、「そうでもない」というのが本当のところのようだ。

次ページその真意は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT