マクドナルドの復活で見落とされがちな本質

「不祥事を消費者が忘れただけ」の見方は違う

実はマーケティングのスタイルが大きく変質しているのです(撮影:今井 康一)
「顧客が大事」「顧客視点で考えろ」と口にする経営者は多いものの、実際に冷静に顧客視点で考えると過去の惰性で企業視点の取り組みを続けている会社は意外に多いのではないでしょうか。
『顧客視点の企業戦略』の著者であり、アジャイルメディア・ネットワークで企業のアンバサダープログラムやソーシャルメディア活用のアドバイスを行う徳力基彦氏は、「ソーシャルメディア時代に成功している企業に共通しているのは顧客視点での取り組みができている」と指摘します。

マクドナルド復活劇の背景

「カルビーが株主に左右されず成長できる理由」(3月20日配信)に続き、今回はマクドナルドの復活劇の背景を考察します。この2年間で劇的なV字回復を果たした会社といえば、やはりマクドナルドの名前があがるでしょう。

2014年から2015年に相次いで発覚した消費期限切れ鶏肉使用問題や、異物混入騒動が影響し、2015年12月期の連結決算は最終損益が349億円の赤字という上場以来最大の赤字幅を更新。サラ・カサノバ社長が2016年2月の決算発表の際に「45年の歴史で最も厳しい年だった」と会見で語り、記者から経営責任を問われる質問が出るなど、どん底の年だったといえます。

昨年の決算発表会当時、1月の既存店来客数は33カ月ぶりに前年同月を上回り、売上高も2カ月連続で前年超えを記録するなど、足元の業績は回復基調にあり2016年12月期の決算は黒字に戻すことを目標としていましたが、2015年度の赤字があまりに大きかったこともあり、黒字転換を疑う声も多かったのが実態でした。

次ページ2016年度の決算はどうなったのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT