東京・四谷「坊主バー」に女性が殺到するワケ

「不謹慎だ」と言われても、悩みに寄り添う

東京・四谷にある坊主バー(VOWZ BAR)の店主、浄土真宗本願寺派の藤岡善念氏。バーの客の6割が、女性だ(撮影:梅谷秀司)

「極楽浄土ください」。若い女性がバーカウンター越しにオーダーする。出てきたのは、赤・黄・青の何とも色鮮やかなカクテルだ。ただのイメージではない。仏教の経典の1つ「阿弥陀経」に記された、極楽浄土の色を忠実に表現したものだ。

ここは東京・四谷にある「VOWZ BAR(坊主バー)」。スタッフのほとんどは、現役の僧侶である。店内には仏壇が置かれ、曼荼羅(まんだら)や経典の書かれた掛け軸に囲まれながら、お酒を飲む。仕事帰りの勤め人が訪れ、ガイドブック片手にやってくる外国人客も多い。

「最初は法話なんて誰も聞いてなかった」

人気のカクテル「極楽浄土」。経典に記されている極楽浄土の色を再現した。ほかにも、「無間地獄」「愛欲地獄」といったユニークな名前のお酒がある(撮影:梅谷秀司)

夜も更けてくるとお経があげられ、時事ネタや季節に合わせた法話が始まる。バーの客はお酒を片手に、法話にじっと耳を傾け、僧侶と一緒にお経を読み上げる。

「最初は法話なんて誰も聞いてなかったんですよ(笑)」。そう話すのは、店主の浄土真宗本願寺派の僧侶、藤岡善念さん。2000年9月、四谷にこの店をオープンし、今年で17年目を迎えた。仏教を身近に感じてほしい、その思いでバーの経営を続けている。

坊主バーの始まりは、1992年。5席ほどのカウンターと畳座談ができる部屋を併設した小さなバーだった。英語のoriginal vows = “本願”(阿弥陀仏)のvows(誓いという意味)、と「坊主」のダブルミーニングから名付けられた。もっとも、世間一般には「坊主バー」で浸透しているようだが。

お経をイメージした「折本」の形のメニュー。ちょっとしたこだわりがたまらない(撮影:梅谷秀司)

大阪にオープンしてから8年後の2000年、藤岡さんが24歳のときに、東京にお店を出したいという相談を受け、自分がやってみよう、と引き受けたという。

東京の坊主バーでは現在、10人のお坊さんが交代でカウンターに立つ。浄土真宗、曹洞宗、真言宗など、宗派もさまざま。カウンター越し、あるいはテーブル席に一緒に座って、お客さんの悩みに耳を傾け、仏教の教えから解決策のアドバイスをしてくれる。

次ページ僧侶が酒を出すのは今に始まったことではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT