妊婦さんの味方「トコちゃんベルト」の正体

あの「おとなまき」と同じ考案者だった

大阪市北区天満橋にある青葉の直営「トコちゃん教室&Shop」(写真:会社提供)

妊婦さんの9割以上が知っている「トコちゃんベルト」

この連載の一覧はこちら

出産した女性の5人に1人がお世話になっているマタニティグッズがあります。大阪府東大阪市に本社を構える青葉さんが製造販売する「トコちゃんベルト」です。

「私どものベルトは、年間売り上げが約20万本です。出生数が2016年で約100万人ですから、妊婦さんの5人に1人に使われたことになります。あるマタニティ雑誌の調べ(『たまごクラブ』2014年5月号)では、妊婦さんの9割以上が『トコちゃんベルト』をご存じだったそうです」

そうさりげなく語るのは、青葉の渡部一博社長。妊婦の9割以上が知っていて、さらにそのうちの2割の方が使っているというのは、考えてみるとスゴイこと。筆者の周囲でも、男性はまったくと言っていいほど知りませんが、出産を経験された女性はほとんど例外なくその名を知っています。

トコちゃんベルト2(写真:会社提供)

しかし、この「トコちゃんベルト」、発売当初はまったく売れなかったそうです。そこで、開発にかかわる苦労話を渡部社長からお聞きしたのですが、途中、マスコミで現在話題になっている「おとなまき」の話になりました。実はこの商品も、母親と赤ちゃんのために青葉が開発したグッズなのです。以下「トコちゃんベルト」誕生から「おとなまき」開発に至るまで、青葉の歴史を振り返ります。

次ページ妊産婦さんの苦しみはひとごととは思えなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT