妊婦さんの味方「トコちゃんベルト」の正体

あの「おとなまき」と同じ考案者だった

大阪市北区天満橋にある青葉の直営「トコちゃん教室&Shop」(写真:会社提供)

妊婦さんの9割以上が知っている「トコちゃんベルト」

この連載の一覧はこちら

出産した女性の5人に1人がお世話になっているマタニティグッズがあります。大阪府東大阪市に本社を構える青葉さんが製造販売する「トコちゃんベルト」です。

「私どものベルトは、年間売り上げが約20万本です。出生数が2016年で約100万人ですから、妊婦さんの5人に1人に使われたことになります。あるマタニティ雑誌の調べ(『たまごクラブ』2014年5月号)では、妊婦さんの9割以上が『トコちゃんベルト』をご存じだったそうです」

そうさりげなく語るのは、青葉の渡部一博社長。妊婦の9割以上が知っていて、さらにそのうちの2割の方が使っているというのは、考えてみるとスゴイこと。筆者の周囲でも、男性はまったくと言っていいほど知りませんが、出産を経験された女性はほとんど例外なくその名を知っています。

トコちゃんベルト2(写真:会社提供)

しかし、この「トコちゃんベルト」、発売当初はまったく売れなかったそうです。そこで、開発にかかわる苦労話を渡部社長からお聞きしたのですが、途中、マスコミで現在話題になっている「おとなまき」の話になりました。実はこの商品も、母親と赤ちゃんのために青葉が開発したグッズなのです。以下「トコちゃんベルト」誕生から「おとなまき」開発に至るまで、青葉の歴史を振り返ります。

次ページ妊産婦さんの苦しみはひとごととは思えなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT