高島屋の子どもフロアが中国人で賑わうワケ

大阪なんばで日本製の「ほ乳瓶」が大人気

高島屋大阪店。中国人客中心に賑わいを見せている(記者撮影)

大阪・なんばにある高島屋大阪店。ここに中国人客がひっきりなしに訪れる売り場がある。

6階にある育児用品売り場。ベビーカーやベビー衣料、マタニティ用品などがそろう。これまで百貨店における訪日客の「爆買い」といえば、ブランド品や化粧品などが中心だったが、現在では日用品や育児用品など、比較的手の届きやすい商品にまで波及してきた。

現在、大阪の百貨店は、訪日客で賑わいを見せている。LCC(格安航空会社)が普及し、その拠点となっている関西国際空港から大阪に訪れる訪日客が増え続けているのだ。

高島屋大阪店も、訪日客に支えられ売り上げは回復基調にある。消費税が免除される免税売り上げは、2016年7月から13カ月連続、前年同月比プラスで推移している。

1本約3000円のほ乳瓶が大人気

育児用品の中では、ほ乳瓶が牽引役となっている。中国人客から見ると、日本製は安全・安心で品質が高いという共通認識がある。特に中国人向けにはガラス製ほ乳瓶の人気が高い。

高島屋大阪店で特に人気化したほ乳瓶がある。ベビー用品を手掛けるズーム・ティー(東京都港区)が製造販売する「ドクターベッタ」だ。飲み口の手前部分がカーブしており、赤ちゃんの上体を起こしたままミルクを飲ませることができる。これによって誤嚥を防いだり、ゲップを軽減できたりできる。

次ページ特別なプロモーションはなし
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT