高島屋の子どもフロアが中国人で賑わうワケ

大阪なんばで日本製の「ほ乳瓶」が大人気

もちろん、すべて日本製。価格はプラスチック製で1本2500円(税別)から、ガラス製で2700円(同)からと、ほ乳瓶としては比較的高単価だが、中国人から絶大な人気を得た。

中国人から絶大な人気を誇る「ドクターベッタ」(記者撮影)

「特別なプロモーションを打っていないのに、次から次へと売れていく。なんばの高島屋に行けばドクターベッタの哺乳瓶があると、口コミを通じて中国のママ達の間で爆発的に普及した」。高島屋大阪店でベビー用品や子供服などを担当する佐々木大輔次長は笑顔で語る。

ドクターベッタは全国的に買えるブランドだが、高島屋大阪店が特に品ぞろえを強化したことで、「高島屋に行けば、同製品が買える」という認識が中国人客に広がった。

4カ月で約7000本を売り上げる

高島屋大阪店がドクターベッタの取り扱いを開始したのは2014年8月。最初の半年間は大半の購入は日本人で、中国人からの認知度は低かった。

だが、中国の一般消費者の口コミを通じて、じわりと浸透した。全国的に訪日客の消費が落ち込んだ2016年度でも、高島屋大阪店だけで前期比4倍の1万本強を売り上げた。

現在はガラス製の販売を1人1本に限定しているが、それでもプラスチック製と合わせて、3月から6月までの4カ月間だけで約7000本を売り上げた。前年同期比で倍増ペースだ。

同ほ乳瓶が置かれているのは、レジ横のわずか1メートル四方の専用売り場だが、取材の間にもスマートフォンを片手に次々とお客が訪れ買い求めていく。同製品だけでなく、近くに陳列されているスキンケア用品の売れ行きも順調だという。「1坪あたり売上高は、信じられないくらい高い。欠品しないように、さらに仕入れを強化している」(佐々木次長)。

次ページ子ども服売り場にも波及
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT