高島屋の子どもフロアが中国人で賑わうワケ

大阪なんばで日本製の「ほ乳瓶」が大人気

高島屋大阪店のベビー服売り場では、ブランドの垣根を外し商品軸に再構成した(記者撮影)

”ほ乳瓶効果”は子ども服売り場にまで波及している。ほ乳瓶を買った顧客が、授乳のできるワンピースや骨盤ベルトなどを求める姿が目立つという。

同店のベビー服売り場は、2016年9月に「ハローベビーサロン」として改装したばかり。改装では、子供服を展開する「ミキハウスファースト」や「赤ちゃんの城」などブランドごとに分かれていた売り場を商品ごとに再構成し、たとえば「おでかけ」や「出産準備」といった生活シーンに合わせて買いやすい売り場とした。

日本人向けの売り場が支持を集める

また、売り場にはベビーコンサルタントと呼ばれる高島屋の社内認定資格をもった社員が常駐し、より専門的な接客ができるようになっている。

あくまでこの売り場は日本人の顧客向けに再設計したもの。その売り場が、日本人だけでなく、結果的に中国人客の支持も受けている。

こうした傾向は化粧品売り場にも見られるという。「日本人が買っているところ、日本人と同じ接客を受けて商品を購入したいという訪日客が増えている」と、店内営業担当の西辻正美副店長は話す。

単に商品を買いにくるのではなく、日本の百貨店での買い物自体を楽しみたいーー。訪日客が「モノ消費」だけを求める時代は終わったのかもしれない。こうした訪日客の変化を、百貨店をはじめとした販売側はしっかりと認識する必要がありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT