カゴメのトマトジュースがバカ売れする理由

2016年2月のリニューアルが引き金に

機能性表示を施したトマトジュースが、売れに売れている(記者撮影)

トマトジュースで国内シェア約5割を握るカゴメ――。同社の「トマトジュース」が、全国のスーパーやコンビニで飛ぶように売れている。

2月2日、カゴメは前2016年12月期決算を発表した。 売上高2025億円(前期比3.5%増)、営業利益109億円(同62.8%増)と、いずれも過去最高を更新した。

円高傾向による原料安などの追い風もあったが、主力のトマトジュースが前年比3割増の売り上げを記録するなど、飲料事業が絶好調だった。

リニューアルで販売急拡大

飲料事業は同社の売上高の4割を占める屋台骨。2016年2月に実施したトマトジュースのリニューアルが一大転機となる。機能性表示食品制度を利用し、ラベルに「血中コレステロールが気になる方に」と記載して再発売するやいなや、低迷していた売り上げが急回復した。

カゴメの推計によれば、トマトジュースの市場規模は2016年に198億円と前年比2割増え、4年ぶりに好転。同社のトマトジュースの出荷量はリニューアル直後、一時的に前年の3倍にまで伸びた。

機能性表示食品制度は2015年4月から始まり、メーカーは科学的根拠を消費者庁に届け出れば、国による審査を経ることなく、健康効果をラベルやパッケージに記載できるようになった。

トマトに含まれるリコピンには、血管内壁にたまったコレステロールを取り除く、善玉コレステロールを増やす働きがある。「もともと『トマトジュースは体によさそうだ』と思っていた消費者が、機能性表示によってより健康効果を確信し、手を伸ばしやすくなった」と会社側はヒットの要因を分析する。

トマトジュースの復活で業績好調のカゴメは、2018年12月期までの中期経営計画を見直した。売上高2200億円の目標は据え置く一方、営業利益は110億円から132億円に上方修正した。

同中計の2年目に当たる今2017年12月期の見通しは売上高2100億円(前期比3.7%増)、営業利益115億円(同5.1%増)と、飲料事業に支えられた好調路線の維持を計画する。

次ページトマト専業から「野菜の会社」へ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。