社員67人、「テレビ埼玉」のクセがすごい!

あふれる地元愛で埼玉県民が「テレ玉」の虜に

「クセがすごい!」でおなじみの千鳥が出演する「いろはに千鳥」は全国16局で放送されるヒット番組。地獄のスケジュールで行われる収録が、千鳥の魅力を最大限に引き出している(写真:©いろはに千鳥)

最近、民放キー局の競争は激しさを増すばかりだ。ここ数年、日本テレビ放送網がトップを独走してきたが、絶好調のテレビ朝日が背後に迫り、3位のTBSテレビも視聴率の上昇が続く。各社とも1分1秒、総力を挙げたシェア獲得競争に臨んでいる。

そんなキー局の放送エリア内で、1979年から40年間放送を続けてきたのが関東ローカル局の1つ、テレビ埼玉(愛称:テレ玉)。埼玉県内外のアンテナ視聴可能世帯数は441万世帯、ケーブルテレビを含めると871万世帯にのぼる。プロ野球や高校野球、サッカーなど、地元スポーツ中継の手厚さで知られるが、数々の独自制作番組も抱えている。

ローカル局ながら、テレ玉には全国区の番組や、日本を飛び越えて世界に名をとどろかせている名物番組もある。社員はわずかに67人。少ない予算、限られた放送地域といった制限がある中、絶えず追求しているのはキー局とはまったく異なるテレビの姿だ。

「埼玉の奇祭」チャリティ歌謡祭

テレ玉の1年は「奇祭」の放送で幕が開く。1月1日のゴールデンタイムに放送される「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」だ。実にストレートなネーミングだが、内容は文字どおり、県内の経営者や政治家による歌謡祭。寄付金はすべて埼玉県文化振興基金(県民の文化活動やアーティストボランティアによる福祉施設での演奏会などを支援)に贈られる。県民にとっては年末の紅白歌合戦に続く一大イベント。今年の放送で28回目を迎えた由緒正しき看板番組だ。

番組内容は一言でいえばカオス。政財界ののど自慢が集まったかと思いきや、そうではない。出場者が音程やリズムを外してしまう場面もたびたび。ハプニングは番組のつきものだ。

あまりの大胆さから、Twitterで世界から反応が寄せられる埼玉政財界人チャリティ歌謡祭。2019年は一般出場者が歌った後に歌手の山川豊がゲスト出演、会場を盛り上げた(©テレ玉)

出場者の熱量は異常に高い。バックバンドの演奏よりも先に進み、歌い続ける社長。西城秀樹の「YMCA」をTシャツ姿で激唱し、盛り上げる市長。ここぞとばかりに店の宣伝パネルを用意し、従業員に持たせて歌う会長。DA PUMPの「U・S・A」ではなく、「if…」をダンスとともに披露した社長。一般人とは思えないクオリティーでカルメンを披露した、28年連続出場の女性社長。会場の大宮ソニックシティは満員御礼、応援団はお手製のうちわやサイリウムを目いっぱいに振って声援を送る。時折、無表情で応援する社員たちが映るのはご愛嬌だ。

次ページ奇祭はネットでも人気沸騰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。