「検察側の罪人」は単純なスター映画ではない

監督が語る狙いと木村拓哉&二宮和也の実力

8月24日から公開中の映画『検察側の罪人』。木村拓哉、二宮和也という2大スターの共演が話題に ©2018 TOHO/JStorm
木村拓哉、二宮和也という二大スターの初共演が話題となっている映画『検察側の罪人』が公開中だ。司法制度が抱える問題点に鋭く切り込みながら、「正義とは何か」という命題を問いかける本作。都内で発生した強盗殺人事件の被疑者に対する捜査方針をめぐって、2人の検事が対立する。
法で裁けない罪人は、罰を免れ許されるのか――。そこに鋭く迫った社会派ミステリーとなっている。メガホンを取ったのは、『わが母の記』『日本のいちばん長い日』『関ヶ原』の原田眞人監督。そこで今回は原田監督に、木村、二宮という2人のスター俳優と仕事をしてみた印象を聞いた。

単なるスター映画だったらやらなかった

――これまで多くの社会派映画を手掛けてきた原田監督が、木村拓哉、二宮和也というジャニーズの2大スターを迎えたところにこの作品の面白さを感じるのですが、スター映画を撮るという命題と、ご自身の作家性とのバランスはどのように考えたのでしょうか。

この連載の過去記事はこちら

そんなことはまったく考えなかったですね。僕は始めから木村さんもニノ(二宮和也)も役者として興味があったんです。

そもそも東宝さんから「2人の共演企画はどうですか?」と言われて、それが単なるスター映画の企画だったら、たぶんやらなかったと思う。その時に「われわれがいいと思っている題材はこれです」と言われたのが、『検察側の罪人』でした。彼らに演技者としての資質を求めていることもわかったので、お受けすることにしました。僕自身も犯罪映画をやりたかったということもありましたし。

次ページ僕が見たい木村拓哉の最上
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。