もしも親友が「少年A」だとしたら、どうするか

凶悪犯のその後の人生描く映画「友罪」の挑戦

5月25日公開の映画『友罪』のワンシーン (東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら) ©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

親しくなった友人が、実はかつて日本中を震撼させたあの事件の“少年A”だったら、それでも友だちでいられるだろうか――。

5月18日(金)にプレミアム独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

『64-ロクヨン-』(前編/後編、2016年)などを手掛けた瀬々敬久監督の最新作、『友罪』が5月25日より全国公開される。同作は生田斗真、瑛太のダブル主演となっており、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子らの実力派キャストが重厚な演技でサポートする。

物語は、ジャーナリストの夢に破れた益田(生田斗真)が、町工場で他人との交流を避ける無口な鈴木(瑛太)と出会うところから始まる。やがて2人の間に友情が芽生え始めるが、ある事件をきっかけに、鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人“少年A”ではないかという疑念が益田の心に浮かび上がる――。

あなたの親友が“少年A”だったら…

原作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞、その後も吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞などに輝くミステリー界の旗手・薬丸岳の同名小説。少年犯罪の被害者、加害者の苦悩、罪と罰に正面から向き合ってきた薬丸が、「発表する時に、喜びよりも恐れを抱いた」と語ったほどの問題作である。

次ページインディーズ作品もこなす瀬々監督
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。