出光興産創業者は、一体どこが凄かったのか

「海賊とよばれた男」監督から見た出光佐三

映画「海賊とよばれた男」は出光興産とその創業者出光佐三がモデルとなっている ©2016「海賊とよばれた男」製作委員会 ©百田尚樹/講談社
岡田准一主演で2014年年間邦画興行収入ランキング第1位に輝いた国民的大ヒット映画『永遠の0』のチームが再集結した『海賊とよばれた男』が12月10日より全国公開となる。明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐡造(くにおかてつぞう)の姿を描いた本作。吉岡秀隆、染谷将太、堤真一、ピエール瀧といった山崎作品に欠かせない実力派俳優陣に加え、本作で初参加となる綾瀬はるか、鈴木亮平、小林薫など、日本映画界を代表する豪華キャストの競演が実現した。
この経済歴史小説に見たものは何なのか。また、スタッフを率いるリーダーとして、出光興産創業者の出光佐三氏をモデルとした国岡鐡造に何を見るのか。希代のヒットメーカー・山崎貴監督に話を聞いた。

「永遠の0」ロケ中なのに夢中になって読んだ

この連載の過去記事はこちら

――本作のオファーは『永遠の0』の撮影時にすでにあったそうですが。

オファーというより、(『永遠の0』の原作者でもある)百田尚樹さんが新しい本を書いたということで、読ませてもらったのがそのタイミングでした。でも読み始めたら止まらなくなっちゃって。『ロケ中なんだけどなぁ。明日、朝が早いのに』なんて思いながら。僕は本を読むのが早いので、その日のうちにせめて上巻だけでも読んじゃいたいなと思いながら、夢中になって読みましたね。

次ページ偉人を映画にするには難しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT