「深夜食堂」監督が極めた人情噺と料理シーン

「冒頭で作る豚汁は撮影のたびに作ってます」

11月5日より全国公開中の映画『続・深夜食堂』  ©2016 安倍夜郎・小学館/映画「続・深夜食堂」製作委員会
繁華街の路地裏にある小さな食堂「めしや」。そこは夜も更けた深夜に店が開くことから「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは「酒と豚汁定食」だけだが、「できるもんなら何でも作るよ」というのがこの店のスタイルだ。そして今夜も、「深夜食堂」に集う客たちの悲喜こもごもな人生が交錯する――。
2015年1月に公開され、全国80館という規模での上映にもかかわらず、興収2億5,000万円、動員数20万人超を記録するヒット作になった映画『深夜食堂』。安倍夜郎の大ヒットコミックを実写化した同作は中国、韓国、台湾などアジア各国でブームを巻き起こした。あれから1年、『続・深夜食堂』として再びスクリーンに戻ってくる。今回、2009年のドラマシリーズ第1弾から世界観を作り上げてきた松岡錠司監督に、「めしやに行ってみたい・食べてみたい」と観客に思わせるような同作の魅力について聞いた。

シナリオは全作品かかわってきた

この連載の過去記事はこちら

――2009年にドラマ版「深夜食堂」第1部の放送が開始となり、そこからおよそ7年にわたって「深夜食堂」に関わってきています。もはやライフワークになりつつあるのではないでしょうか。

これしかやることがないだけですよ(笑)。これまでドラマ40話プラス本編を2本やってきている。ドラマの監督は他の人にもやってもらっていますが、シナリオは基本全部に関わっています。今、原作は二百数十話くらいありますが、毎回毎回、使える話がないか、最初から何度も読み返していますね。エピソードのクオリティーを落とさずに俳優の芝居としてどこまで落としこめるのか。そこはけっこう戦々恐々としながらいつも模索しています。

次ページ映画にするのは容易ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。