「深夜食堂」監督が極めた人情噺と料理シーン

「冒頭で作る豚汁は撮影のたびに作ってます」

――今回は実際に外国人記者が撮影現場に見学に来て、「めしや」はどこにあるのか聞いたと伺っています。

「めしや」というのは幻の店ですが、実在すると思っていたようですね。アジアの人からインタビューを受けた時も、あれを食べてみたい、「めしや」に行ってみたいと、ものすごい熱量を感じました。

――どこかで実際に営業していそうな感じがします。

ああいう細い路地に飲んだり食べたりできる店が固まっていて。しかもそれはセレブな人たちが集まるようなところではない。そこではそれほどお金を持っていなくても食べられると。そういったリアリティーは持たせたいと思っていますね。

「豚汁定食600円」は据え置きです

松岡錠司(まつおか じょうじ) / 1961年生まれ、愛知県出身。1990年に『バタアシ金魚』で劇場用映画デビュー。その後『きらきらひかる』『さよなら、クロ』などを発表、2007年の『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』で第31回日本アカデミー賞最優秀監督賞ほか主要5部門を獲得。2009年からのドラマ「深夜食堂」で、そのドラマの枠を越えた世界観を築き上げ、その後にシリーズ化、映画化もされている (撮影:壬生智裕)

――豚汁定食も600円くらいで、非常にリーズナブルです。

やはり物価というものがあるので、実はちょっぴり値上げしようかと思ったんです。でも、原作の安倍さんに怒られますよと言われたので据え置いています(笑)。

――アジアでの人気の理由は、料理の魅力もありつつも、人情ドラマという側面もあるのでは?

他人同士がカウンターで肩を寄せ合って食べるのは、アジアでも独特かもしれませんね。あれが親密さを醸し出している。そしてマスターが尋ねたわけでもないのに、客が普段言わないようなことを自ら語り出す。外国の人も、ああいうのがいいなと思っているのかもしれません。弱みを見せられる場所というか、解決してほしいわけではないんだけど、誰かに話を聞いてほしくて。そこに行けば心がホッとできる場所なんでしょうね。

――アジアでの人気の秘密のひとつとして、マスターの存在というのもあるのかもしれません。

そうですね。マスターも幻ですよとは言っているんですけどね(笑)。でもああいう人に会ってみたくなる。アジアの人に人気なのは、店の雰囲気とかマスターの魅力とかそうした理由が重なり合ったものなんでしょうね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT