「君の名は。」が1分たりとも退屈させない秘密

新鋭アニメ監督・新海誠が語る作品の手応え

映画『君の名は。』8月26日より全国東宝系にて公開  ©2016「君の名は。」製作委員会
『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』など、詩情あふれる映像美と、せつなさを内包した物語世界で、国内外に熱狂的なファンを持つアニメーション監督・新海誠。そんな新海氏の最新監督作品『君の名は。』が8月26日より全国東宝系にて公開される。
夢の中で入れ替わる少年と少女の、恋と奇跡の物語を描き出した作品で、作画監督に、多くのスタジオジブリ作品を手掛けた安藤雅司、キャラクターデザインに『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀など、日本最高峰のスタッフが集結している。さらに神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子といったキャスティングにも注目が集まっている。
同作品は東宝が配給し、新海監督の作品としては最多となる全国300スクリーン超の規模での公開が決定している。前作『言の葉の庭』の公開館数が23スクリーンスタートだったことを考えると大幅なステップアップで、新海監督への期待が高いことがうかがい知れる。
今回、ヒットメーカーとしての飛躍が期待されている新海監督に、新作に対する手応え、思いなどを聞いた。

最初から面白くなる手応えはあった

この連載の過去記事はこちら

――作品が完成した今の心境は?

毎日、絵コンテを1日15時間描き続けたり、途中で小説を執筆しなくてはならなくなったり、肉体的にはハードな時期もありましたが、今回の作品は絶対に面白くなるという手応えが最初からありました。出来上がった時の高揚感はこの上ないものでしたし、多くの人に納得してもらえる作品になったという充実した気持ちがあります。

――本作は、全国300館規模での拡大公開となります。これまでの新海作品の公開規模から考えると、大幅なステップアップだと思うのですが。

ビジネス的な話で言うと、いいものを作ったから当たるわけではない。結局は「積み重ね」なんだと思います。たとえばジブリ作品には何十年もの積み重ねがあります。それはスタッフの技術の積み重ねもありますし、知名度の積み重ねもあります。その積み重ねがあって観客は「見てみようか」ということになる。細田守監督の作品も、観ようと思わせてくれる品質保証がある。

次ページどうすれば観てもらえるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT