「君の名は。」が1分たりとも退屈させない秘密

新鋭アニメ監督・新海誠が語る作品の手応え

あの辺りを出したのも僕の生活圏だからという以上の理由はありません。自分が普段歩いているような、生活実感がある風景の中で物語を展開したかったんです。例えば外堀通りとか、近くの階段とか、坂道とか、そういった僕の好きな東京の風景を知ってもらいたかったという気持ちの方が大きいかもしれませんね。

わかりやすいエンタメ要素が必要だった

男女の入れ替わりをモチーフにしているが、ストーリーは予想できない展開に ©2016「君の名は。」製作委員会

――新海作品では、人と人との距離を描き続けてきたわけですが、今回も根本のテーマは変わらないように思うのですが。

男と女でなくてもいいのですが、人と人とのコミュニケーションというものに特に興味を持っています。それは自分が思春期、20代だった頃にそれが悩みだったということが大きいです。

やはり同じ人間が作っているものですから、宮崎駿さんも細田守さんも、押井守さんも同じテーマを繰り返し描いてきているわけですし、そこに迷いはないです。確かに今回もテーマは引き継いでいるかもしれません。でも、絶対に違う手触りの作品にはしたいなと思っていました。それこそ僕の作品を知らない人が観た時に、むしろ知らないからこそ新鮮なものとして映るでしょうし、そういう作品を目指しました。

――新海さんの自己紹介的な作品であると。

そうですね。そういう気持ちはあります。

――小野小町の和歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」をモチーフのひとつにしていると伺っています。

分かりやすくモチーフという言い方をしていますが、その他にも映画『転校生』や、マンガの「らんま1/2」など、影響を受けた作品はたくさんあります。

――平安時代の「とりかへばや物語」もモチーフのひとつですね。もともと男女取り換えの物語をやりたいと思っていたのでしょうか?

特にそれをやりたいと思っていたつもりではなかったです。でも、スタッフと話をしていたら、「新海さん『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)の頃に、『転校生』みたいなものをやりたいと言っていましたよ」と言われました。10年以上前の話なので、僕はまったく記憶になくて(笑)。だからやりたいという気持ちはあったのかもしれません。

今回、東宝さんとやることになった時、分かりやすいエンタメ要素というのが絶対に必要だと思っていました。その強力な要素のひとつとして、男女の入れ替わりがいいだろうと思ったんです。

次ページ男女入れ替え以上のテーマ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。