「深夜食堂」監督が極めた人情噺と料理シーン

「冒頭で作る豚汁は撮影のたびに作ってます」

――「めしや」にやってきた人々の、それぞれの人間模様が描かれるのが「深夜食堂」の魅力です。

原作は1話10ページいくかいかないかの作品なので、どちらかといえば短編なんですよね。でもそこにはエッセー的な、ある人生の断片が描かれています。それを1本の映画として2時間に広げるのって容易くはないですね。

――それは40話以上やっていく中で実感したことだと。

そう。でもそうしていくうちに、なんとなく自分の中の「深夜食堂」が生まれてきました。「めしや」になんらかの事情を背負っている人がやってくる。きっと彼らが葛藤していることって、おそらく人生の分かれ道になることだと思うんです。どちらの道を歩けばいいのか。そのきっかけを与えてくれるのが「めしや」なんだろうと。僕の中ではそういう風に思っています。

「夜食テロ」といわれるのは不思議な思い

「めしや」にやってきた人々のそれぞれの人間模様を描くのが「深夜食堂」の魅力だ ©2016 安倍夜郎・小学館/映画「続・深夜食堂」製作委員会
 

――原作の安倍先生と話し合いはされているのでしょうか。

しないですね。僕が脚本チームと書いたシナリオを順次送っていく。それを読んで、安倍さんからこのエピソードはこう思うといった感想や意見が返ってきます。もちろん認めてくれる部分もありますし、こちらが安倍さんのこだわりを理解したりもする。そういったことの繰り返しでしたね。

――7年たって、お互いの理解は深まった感じでしょうか。

これは奇妙なことなのですが、ドラマの方がより原作への忠実さをこだわっている感じがしますね。逆に映画の方はある程度許容してもらっているように思います。やはり映画は監督のものだから、文句は言いませんよというような区分けが、安倍さんの中にあるのかもしれません。

――深夜においしそうな食事の映像を映し出すいわゆる「夜食テロ」は、「深夜食堂」が先駆けじゃないかと思うのですが。そういったことは意識されていたのでしょうか。

それに関しては特に感心がなかったんですよ。戦略的にやったわけでもなかったですし。だから「深夜食堂」の後に、食にまつわるドラマが次々と生まれてきたし、この作品でいえばアジアでリメークされることになったというのも、まったく不思議な思いです。

次ページ小林薫さん本人が料理
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT