スピルバーグが「反Netflix」をやめた納得理由

彼らは「保守的なスタジオ」よりも信頼できる

なぜスピルバーグはNetflixと手を組んだのか?(写真:Marc Piasecki/Getty)

スティーブン・スピルバーグが、手のひらを返した。最近まで「配信作品がアカデミー賞をぶち壊す」と信じていた彼は、今週Netflixとついに映画製作契約を結んだのだ。

スピルバーグが会長を務める製作会社アンブリン・パートナーズは、今後Netflixに映画を提供していく予定である。独占ではなく、アンブリンは今まで通りユニバーサルとの契約も続行するが、今後スピルバーグが関わる新作が最も頻繁に見られる配信サービスはNetflixになるのが濃厚だ。

スピルバーグの「ネトフリ嫌い」

このニュースは、ハリウッド関係者を驚かせた。配信が勢いを増す中で、スピルバーグは「映画とは映画館で見るものだ」と主張し続ける大物監督の一人だったからである。

2018年3月、スピルバーグはテレビのインタビューで、「テレビのフォーマットで作ると決めたなら、それはテレビ向け作品。それが良い作品なのであれば、エミー賞を取るべき。オスカーではない。(オスカーの)資格を得るためにひと握りの劇場で1週間だけ上映した映画にアカデミー賞の資格を与えるのは違う」と発言。

その翌年のアカデミー賞でNetflixが配信したアルフォンソ・キュアロンの『ROMA/ローマ』が作品賞受賞をギリギリで逃した直後には(受賞したのはアンブリンが制作する『グリーンブック』だった)、「次のミーティングで資格の基準を厳しくする案を提案するつもりでいる」とも報道された。

当時、アンブリンの広報担当者は、「スティーブンは配信と劇場用映画をはっきり差別化するべきだと信じています。そのミーティングでほかの人たちも彼の意見を支持してくれることを願っています」と語っている。

しかし、結局ルール変更は実現しなかった。そして、それから2年後の今、彼は敵と手を組むことを決めた。

Netflixとの契約を発表する声明で、アンブリンのCEOジェフ・スモールは、「彼らは世界規模のプラットホームを作り上げました。2億人という会員数がそれを物語っています。スコット(Netflixのオリジナル映画制作のトップ)や彼のチームと協力できる機会を得て光栄です。私たちはアンブリンのアイコニックなブランドをNetflixの観客に提供していきます」と述べている。

スピルバーグにとって、これは新しく、ポジティブな門出なのである。

次ページ何がスピルバーグを変えたのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT