名物アニメキャラ「声優交代」の知られざる苦悩

栗田貫一、山寺宏一、冨永みーなの心境

“おなじみのキャラクター”のキャスト交代に当たり、受け継ぐ声優はどのような覚悟で臨むのだろうか。山寺宏一や栗田貫一などが語る苦労とは。写真は声優の山寺宏一さん(写真:ZUMA Press/アフロ)

8月、声優の増岡弘が長らく演じてきた2つの役から“卒業”した。2つの役とは、『サザエさん』のマスオ役、『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん。

増岡は、マスオをおよそ40年、ジャムおじさんをおよそ30年にわたって演じ続けてきた。ジャムおじさんは、『アンパンマン』でめいけんチーズなどを演じていた山寺宏一が8月16日から、マスオは、『キン肉マン』のテリーマンなどで知られる田中秀幸が25日から後任を務めている。

長期にわたってある役を演じてきた声優が交代するというのは、作品にとっても、作品のファンにとっても大きな出来事だ。“おなじみのキャラクター”のキャスト交代にあたり、受け継ぐ声優はどのような覚悟で臨むのだろうか。

「ルパン三世」受け継いだ栗田貫一

“おなじみのキャラクター”のキャスト交代は、『ドラえもん』をはじめ、いくつかの作品で起きている出来事ではある。ここではまず、代表的なサンプルとして、『ルパン三世』の山田康雄から栗田貫一への交代を取り上げたい。

栗田貫一は「ものまね四天王」の一人としてTVを賑わせていた人気者で、ルパン三世の物まねもレパートリーの一つとして持っていた。

その栗田がルパンを最初に演じたのは、山田康雄の急逝を受けて“代役”として立った映画『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』(1995)。その後、同年放送されたTVスペシャル『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』で正式に、ルパン三世の後任となった。そこからおよそ四半世紀にわたって、栗田はルパン三世を演じ続けている。

栗田は、さまざまなインタビューで繰り返し、『くたばれ!ノストラダムス』のときはあくまでも代役のつもりで演じており、その後、正式にルパン三世役となってからも「山田の演技を前提にしてルパンを演じている」ということを強調している。

栗田は今もアフレコ前は、山田の演じるルパン三世の演技を聞き直して収録に臨んでいるそうで、昨年のTVスペシャル『ルパン三世 グッバイ・パートナー』で川越淳監督に取材したときも、栗田が『ルパン三世 カリオストロの城』を見直してアフレコに臨んだ、というエピソードが出てきた。

次ページ「ものまね」と「声優」の仕事はまったく違う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。