白髪に悩む人が知らない「お風呂」のポイント7つ

髪の洗い方やシャンプーの選び方などを解説

シャンプーで落とせない汚れがあるのを知っていましたか? それは、「過酸化脂質」。過酸化脂質とは、皮脂が分泌されてから時間が経って酸化した汚れのこと。皮脂は、汗やホコリだけでなく、シャンプーやコンディショナーなどの流し残しと混ざり、少しずつ過酸化脂質に変わります。
過酸化脂質を取り去るためにはスペシャルケアが必要です。そのケアこそ、以下でご紹介する「オイルパック」なのです。オイルパックのやり方はとてもカンタンで、次の4ステップです。

オイルパックの方法

【ステップ1】髪の毛全体をお湯で流す
37~39℃のお湯でざっと汚れを落とすと同時に、オイルが必要以上に髪の毛に吸収されるのを防ぎます。乾いた髪にオイルを塗ってマッサージをすると、髪や頭皮が摩擦を起こしてしまいます。
【ステップ2】オイルを塗る
頭頂部から放射状に、10本くらいのラインを描くように、オイルを頭皮全体に広げます。
【ステップ3】マッサージをして、15分間放置する
マッサージをしてオイルをしっかりと頭皮になじませます。マッサージは先述の「④2回目は、マッサージをしつつ洗う」と同じです。
マッサージが終わったら、15分放置します。このとき、蒸しタオルで頭部を巻くと、汚れが浮き出しやすくなります。
蒸しタオルは、次の手順で用意できます。
1)フェイスタオルを水でぬらす
2) タオルを水がしたたらない程度に絞る
3) タオルを三つ折りにし、ビニール袋に入れる
4) 電子レンジで1分程度(冬期は20秒ほどプラスしてもよい)、500Wで加熱する。やけどしないくらいに冷ましてから使う
【ステップ4】洗い流す
37~39℃のお湯でざっと流した後、シャンプーで洗い流しましょう。

「オイルパック」の効果を最大限に引き出すための、重要なポイントが2つあります。

① 植物性の天然成分100%のオイル(ホホバオイル、アーモンドオイル、セサミオイル、アボカドオイル、オリーブオイルなど)を選ぶ。一方で、ベビーオイルなどのミネラルオイルは、肌に浸透しにくく汚れを浮かしにくいので避けたい

② 頭皮全体がしっとりするよう、オイルは1回に20㎖とたっぷり使う。「もったいない」「ベタつくかも?」と量を少なくすると、酸化汚れが浮き出しにくくなってしまいます。

これまでに蓄積した酸化汚れを集中的に取り去るためには、まず1週間に1回、おおよそ1カ月に4回はオイルパックを行います。頭皮が整ったら、月に2〜3回のペースで続けていくといいでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT