徳川慶喜が「死を覚悟」孝明天皇と熾烈交渉の中身 両者の対応からにじみ出る絶妙な信頼関係

拡大
縮小
孝明天皇(左)と徳川慶喜の関係に迫ります(左写真:近現代PL/アフロ、右写真提供:桜堂/アフロ)
江戸幕府における第15代将軍にして、最後の将軍となった徳川慶喜。その最大の後ろ盾となっていたのが、第121代天皇にあたる、「孝明天皇」である。攘夷派の代表として多大な影響力を持った孝明天皇は、幕末におけるキーマンでありながら、語られることが少なく、実態はあまり知られていない。いったい、どんな人物だったのだろうか。第5回となる今回は、幕末の重要な局面で、孝明天皇と徳川慶喜がどのように連携したのか。第三者からはうかがい知れない2人の関係性について紹介しよう。
<第4回までのあらすじ>
安政5(1858)年、幕府は勅許(天皇の許可)を得ることなく、アメリカ総領事のタウンゼント・ハリスとの間に日米修好通商条約を締結(第1回)。嘉永7(1854)年のペリーとの日米和親条約のときには反対しなかった孝明天皇だが、このときは激怒する。外国と親交を持つこと自体は、時代の流れとして受け入れていたが、外国との通商には慎重な考えを持っていたためである。朝廷内で最も敵に回したくない人物だった開国論者、鷹司政通を失脚させ、主導権を握った(第2回)。
そして、まさに水を得た魚のごとく、勢いを増していく。幕府が、勅許を得ずに日米修好通商条約をアメリカと締結すると、孝明天皇は「譲位も辞さない」という強硬姿勢に出て、幕府との対立を深めていく。そして水戸藩に密勅を下すという逸脱行為が「安政の大獄」へとつながり、不遇の時期を自ら招いた(第3回)。だが「桜田門外の変」で大老の井伊直弼が暗殺されると、再び政治の表舞台へ。徳川慶喜と密接な関係を築いていく(第4回)。

長州藩と外国の脅威に、気が気でなかった孝明天皇

元治元(1864)年3月、将軍後見職を辞任した徳川慶喜は、禁裏御守衛総督に任命される。京を警護する役職を任されることになった。それに先立って、会津藩主の松平容保が京都守護職に就任。その後、容保の実弟で桑名藩主の松平定敬が京都所司代に就く。

つまり、京は、禁裏御守衛総督の徳川慶喜、京都守護職の松平容保、京都所司代の松平定敬の3人で守りを固めることになった。この体制を「一会桑政権」と呼ぶ。「一会桑」は、幕閣とは一線を画しながら、孝明天皇と協調して京での政治をリードしていく。

いったい、何から京を守ろうというのか。孝明天皇は、対内的にも対外的にも、心配事を抱えていた。

対内的には、過激な尊王攘夷を掲げる長州藩である。京で政治的影響力を誇った長州藩を、「八月十八日の政変」によって一度は排除したものの、有力諸侯による参与会議は解散。薩摩藩をはじめに公武合体派の諸侯が京を離れてしまったため、状況的には、いつ長州藩が京に出兵してきてもおかしくはなかった。

一方、対外的には、外国諸国の脅威が迫っている。幕府相手ではらちが明かないと、朝廷を相手に交渉してくる可能性が高く、異国嫌いの孝明天皇としては気が気でなかったに違いない。

元治元年7月19日、孝明天皇が危惧したことが現実となる。会津藩主で京都守護職の松平容保らの排除を目指して、長州藩兵が蛤門を攻撃。「禁門の変」が勃発した。

孝明天皇は、禁裏御守衛総督となった慶喜の働きに大いに期待したことだろう。だが、慶喜はといえば、長州藩を攻撃することに、実はそれほど乗り気ではなかった。

次ページ長州藩に同情的だった慶喜
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT