監督をやりたいのではなく、映画を作りたい

木村大作監督が語る映画へのこだわり

木村監督からみた金融の世界

――この映画の主人公はもともと、金融業界におり、そこから山の生活へと転向するわけですが、木村監督は金融の世界をどう見ているのですか?

そこは全部調べた。信託銀行のトレーダー室を見に行ったりもした。ただ、見せてはもらえるけど、「ここを撮影に使わせてくれないか」と言ったら、みんな駄目だって言うんだよね(笑)。そこで働いているのは20代から30代くらいが多かった。「なんでこんなにみんな若いんだ」と聞いたら、一瞬の勘が必要だからというんだな。それとパソコン。年をとったら追いつかないってわけよ。

(主人公の)松山ケンイチさんは28歳だったからね。ピッタリだよな。松山さんは青森出身で、インテリに見えるわけだよ。要するに立っている姿が凛としているんだな。そういう意味ではピッタリ。ただ、原作では科学者なんだよね。でも、俺は科学のことはまったくわからない。そこで脚本を書いている瀧本智行が「トレーダーはどうですか」と提案してくれて、それはいいなと思ったわけ。やはり時代の最先端の仕事だからね。

――そこから180度違う世界に飛び込むことになると。一方、木村監督自身は悟郎さん(豊川悦司)になりたいと思っているとのことですが。

俺はほとんど映画界の放浪者だからね。映画界で非常識なところを歩く、完全なる異物だよ。だから劇中で悟郎さんが言っているせりふは原作にはない、ほとんど俺が書いたセリフ。象の話もそうだね。10年前にアフリカのサバンナを放浪したら、1頭の巨象に出会ったと。象は年老いたら、群れに迷惑をかけないために、群れから離れる。俺がいつも言っているのは、「人生、人に迷惑をかけないのが最高の人生だ」ということなんだ。

(C)2014「春を背負って」製作委員会

実際は迷惑をかけっぱなしだけどね(笑)。でも、人に迷惑をかけないで生きていける人が、俺は最高の人だと思うよ。でも、だいたいそういう風には生きられない。だから自分が常日頃、思っているセリフを悟郎さんに言ってもらったんだよ。

――豊川さんの役は、原作ではホームレスでしたが、変更した理由を教えてください。

もともとは年をとった人を考えていたんだけど、豊川さんがやりたいということになったとき、「自分はホームレスですかね」って言っていたんだけれど、体はでかいし、あの顔だから「無理があるよ」って。そこでとっさに放浪者にすることにした。それでもまだ納得しないから、その、今考えたセリフだと言って、さっきの象の話をしたわけ。そうしたらもう固い握手になっちゃってね。俺はとっさの決断とか、瞬発力だけは早いんだよ。

――それこそトレーダーとして仕事ができるんじゃないですか?

よく言うんだけど、俺は理屈で生きた覚えがないんだよ。俺の人生は全部勘だよ。もしかしたらトレーダーは合っているかもしれないけど、実際、トレーダーは難しいんだよね。どの辺まで落ちたら、また上に行くのか。上がったら、今度はいつ落ちるんだといったことを読まないといけない。その判断は、ただ本を読んで勉強するだけじゃ駄目だろうね。

――経験も重要という部分では、木村監督の映画人生と重なるんじゃないですか?

うん。本当にそうだよ。

次ページ 自分が納得するためには口論もいとわない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。