読書家なのに「教養がない人」がやりがちなこと

本を読むときの正しい読み方、読む順番とは

本を読むときの正しい読み方、読む順番とは?(写真:Graphs/PIXTA)
本を読んでも、なかなか頭に入らない……。残念ながら、そこで読書をストップしてしまう人が少なくありません。あるいは、けっこう本を読んでいるつもりなのに、なかなか体系的に知識が積み重ねられないという人もいるようです。
「多くの場合、正しい順番で本を読んでいないことが原因です」と話すのは、明治大学教授の齋藤孝氏。順番通り読めば、読解力も理解力も増すと言います。いったいどういうことでしょう? 齋藤氏が『本には読む順番がある』をもとに解説します。

難解な本は暗闇と同じ

ちょっと前ですが、近くの古本屋でマルクスの『資本論』全巻セットがたった500円で売っていました。かつては一世を風靡したマルクスの『資本論』があまりにも不憫に思えて、思わず買ってしまいました。

たしかに世界を大きく変えた本に違いない。ですが、とても難解です。いきなりマルクスの『資本論』を読んでも、まず理解できる人はほとんどいないでしょう。「剰余価値」とか「価値」と「労働価値」の違いだとか、「労働力の商品化」なんて言葉が出てくると、もう何が何だかわからない。

「何を理屈っぽく、こねくり回しているの?」とイライラが増して、第1章を読み終わらないうちに投げ出してしまうでしょう。

でも、これが資本論の入門書や、新書などの解説本を数冊読んだ後に読むと、「剰余価値」って、賃金以上に労働者が働かされている分なんだとか、「労働力の商品化」って、要は経営者が従業員の労働力をお金で買っていることなんだと理解できるわけです。そして資本論がどんな内容であるか、何を目指して書かれているか、大きな方向性、ベクトルがわかる。

いきなり暗闇に立たせられたら、誰でもどちらに向かって進んでいけばいいか迷います。おおよその出口だけでもいい、最初に示してもらえたら、とりあえずは進むことができます。

とくに難解な本は暗闇と同じです。いきなり飛び込んでもポイントがわからず、読み進め方もわかりません。まずは入門書などで用語の意味や本の主旨、大まかな構成などを知っておく。一筋の明かりがあれば、それを目指して進んでいけるのです。

筋トレにたとえたらわかりやすいでしょうか。いきなりベンチプレスで100kgに挑戦する人はまずいないでしょう。30kg、40kgと体を慣らし、筋力をつけていきながら、次第に増やしていきます。

本の場合は、難易度が数値化されているわけではありません。「これは50kg相当の負荷がかかるとしたら、こちらは100kgかかりますよ」「ヘーゲルの『精神現象学』は250㎏もあるので、いきなりやると骨が折れてしまいます」といった基準があればいいのですが……。

次ページ数学的思考が身につく本
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT