数学を切り捨てるビジネスパーソンの残念な末路 「知っておくべき数学」と「捨てていい数学」

印刷
A
A
一般のビジネスパーソンが知っておくべき数学、捨てていい数学、そして「数学的素養」を身につける重要性について解き明かします(写真:mediaphotos/iStock/Getty Images Plus)
この記事の画像を見る(2枚)
ビジネスパーソンが効率的に仕事を進めるうえで、数学の知識が必要になるケースは私たちが想像する以上に多くあります。
その一方で、「数学的な思考ができずに損をしているビジネスパーソンがあまりにも多い」と語るのが、日本最大のビジネススクール、グロービスで前身も含めて25年以上教鞭を執ってきた嶋田毅氏です。
新著『ビジネスで使える数学の基本が1冊でざっくりわかる本』を上梓した嶋田氏が、一般のビジネスパーソンが知っておくべき数学、捨てていい数学、そして「数学的素養」を身につける重要性について解き明かします。

なぜ、数学を捨てると活躍の幅がせまくなるのか?

数学が苦手なビジネスパーソンは多いはずです。特に大学受験で数学を選択しなかった「私立文系」の人ほどその傾向は強いでしょう。

『ビジネスで使える数学の基本が1冊でざっくりわかる本』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし、数学から逃げてはビジネスパーソンとしてのバリューは出しにくくなります。

第1回目では、数学を捨ててしまうことのデメリットと、数学の基礎的素養を押さえることの効用、そして最低限押さえておきたい数学的素養について解説します。

数学的素養腕試し――練習問題

本稿では、高校の数Ⅰの内容もあやしい、あるいは苦手意識があるというビジネスパーソンをイメージしながら話を進めます。

次ページまずは腕試し!基礎的な数学の素養がわかる2つの問題
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT