コロナで激変「印象のよい採用サイト」トップ20

エアライン2社の人気が急落、IT企業が追い上げ

2021年卒の就活生に聞いた「印象のよい採用ホームページ」ランキングで、昨年まで人気が高かった全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)が大きく順位を落とした(撮影:尾形文繁)

企業活動の基本は顧客の獲得だ。既存顧客を維持しながら新規顧客にアプローチして気に入ってもらえれば、継続的顧客の獲得に繋がる。これは、人材採用にも適用できるメソッドだ。

「マイナビ」「リクナビ」などの就活サイトは、多くの学生が業界研究、企業研究のために訪れる。広告出稿しておけば、候補企業のひとつとして認知してもらえる機会が増える。

HR総研は、「楽天みん就」と共同で、2021年卒就活生を対象に1人が1社の「最も印象のよい採用ホームページ」を選んでもらった(有効回答数:1714件)。その上位20社を紹介しよう。


エアライン2社が後退

採用ホームページは常に重要な採用施策であった。しかし、2021年採用で重要性はさらに高まった。コロナ禍によって、就活のメイン舞台がリアル(訪問、対面コミュニケーション)からオンラインになり、新卒採用の構図が一変したからだ。

『就職四季報』(企業研究・インターンシップ版)特設サイトはこちら

採用だけでなく、産業の構図も変わった。オンライン型ビジネスの定着により、IT産業は好調である。飲食業や人の移動に関わる鉄道・航空産業は不調である。そういう好不調が影響してか、「印象のよい採用ホームページ」の顔ぶれにも変動がある。

これまで、採用ホームページで人気が高かったのはエアライン系だ。2019年卒と2020年卒採用では、連続して全日本空輸(ANA)が1位、日本航空(JAL)が2位だった(2019年9月19日付記事「就活生が選ぶ『印象のよい採用サイト』20社」参照)。この人気は2010年代になってから高まったもので、常にANAがJALを上回っていたが、JALもトップグループにいた。

次ページ2021年卒では順位に異変
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT