学生には当然となった「Twitter就活」のリアル

人事や人材業界も入り乱れた「一大採用市場」に

就活生は想像以上にTwitterを活用して情報収集をしている (写真:U-taka/PIXTA)

コロナ禍によって新卒の就職活動は一変した。

今年の採用(2021年卒)は、活動が本格化する3~5月には緊急事態宣言が発出されたことで、合同企業説明会は軒並み中止となり、面接の延期も相次いだ。そして、慣れないWebでの面接を迫られた。

「@21卒」「@22卒」のアカウントが多数

さらに、就活人気ランキングで上位の常連だったANAやJALなどの航空会社は、2021年卒採用の中止を相次いで表明。採用活動全体も縮小傾向にあるなど、影響を挙げたら切りがない。

『就職四季報』(企業研究・インターンシップ版)特設サイトはこちら

そうした状況ではあるが、実はそれ以外にも就活のやり方が変わっていることがある。ここ数年でも逆求人サイトや動画就活とニュータイプの就活手法が続々と登場してきている。その中でも、筆者がここ最近で注目している就活手法がある。それが「Twitter就活」だ。

Twitterを使った就活と言えば、以前はエンジニアを中心とした社会人転職が一般的だったが、今は「@21卒」や「@22卒」といったアカウントが数え切れないほど存在している。

2021年卒(現大学4年生、大学院2年生)のアカウント:@21卒 
2022年卒(現大学3年生、大学院1年生)のアカウント:@22卒
2023年卒(現大学2年生)のアカウント:@23卒
次ページコロナ禍の影響も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT