面接担当もうんざり「残念な就活生」の類似点

「働き方」ばかり気にする学生はマイナス評価

Web面接でも採用担当者をがっかりさせる発言はないようにしたい(写真:jessie/PIXTA)

コロナ禍によって2021年卒就活は大変動した。例年なら連休明けに一段落している学生が多いが、今年は5月中旬を迎えた現在でもほとんど終わっていない。

また、企業と学生のリアルな接触の場が激減した。昨年までWeb説明会やWeb面接を実施する企業は話題になったが少数派だった。ところが、今年は否応なくWeb化が進行している。

『就職四季報』特設サイトはこちら

リアル面接とWeb面接は大きく違う。リアル面接では入室、着席などもチェックされるが、Web面接では最初から対面しているから、動作はあまり問題にならない。動作が問題にならない反面、内容の吟味はより厳しくなるだろう。どんな学生が落とされやすいのか?

HR総研が採用担当者を対象に昨年6月に実施した「2020年&2021年新卒採用動向調査」の中から、「評価が低い学生の面接態度・回答内容」を紹介し、採用担当者がうんざりする言動を探ってみたい。

関心があるのは「仕事以外」

初対面の学生と話すのは、人事担当にとってもけっこう疲れる作業である。だが、報われることもある。若者の前向きな姿勢は大人を期待させ、素敵な言葉を聞いて、意外な発見をするとうれしくなる。

しかし、面接経験者の話を聞くと、うんざりすることも多いらしい。うんざりする理由はたくさんあるが、最も嫌われるのは、「関心のあることは仕事以外」という学生だ。社会貢献やワークライフバランスについてまくし立てる学生はかなり多い。

環境問題、弱者救済、働き方改革。いずれも学生は「良いこと」だと信じ込んでいる。しかし、面接官が評価するのは、仕事の仲間としての適性だ。面接という場の意味を理解せずに、大きな夢を無思慮に話す学生に下されるのはマイナス評価だ。

「社会貢献的な志望動機のみの学生。○○以外はできない、と言ってしまう学生。テンプレどおりの意思表示、質問しかしない学生」(1001人以上・メーカー)

「ワークライフバランスばかり気にして、仕事内容を理解していない」(1001人以上・情報・通信)

次ページ「自己分析」ができていない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT