就活生2.4万人が選んだ「就職人気ランキング」

1位伊藤忠、コロナ影響でランキングに異変

2021年卒生を対象に実施した「就職人気ランキング」。伊藤忠商事が初めてトップとなった (撮影:梅谷秀司)

「就活どころではない」。新型コロナウイルスの感染拡大が急速に進むにつれて、学生からはそんな声が聞かれるようになっている。

一方、企業側も、採用活動をいったん中止し、スケジュールを見直しているところが多い。Webでの会社説明会や面接では限界があるし、そもそも社内の感染拡大防止対策やBCP(事業継続計画)を優先させる必要がある。4月入社の新入社員を当面、自宅待機させているところもあり、正直「新卒採用どころではない」というのが本音だろう。

『就職四季報』特設サイトはこちら

新型コロナウイルスの影響がいつまで続くかにもよるが、就職活動の長期化は避けられないだろう。2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される前提で、採用スケジュールの前倒しが見られたが、1年間延期になったことで、その後の予定にも余裕が生じていることも大きい。また、景気後退が確実視される中、企業が採用計画を見直す可能性がある。就職環境は一転して学生に有利な売り手市場から、買い手市場になるかもしれない。

不透明感漂う就活環境

就活が混迷する中、学生はどういった企業に注目しているのか? 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所では毎年、就活生に興味を持っている企業を尋ねる「就職ブランドランキング調査」を実施し、定期的に発表している。その結果からも、新型コロナウイルスの影響が垣間見られる。

次ページ伊藤忠商事は初の1位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT