就活生2.4万人が選んだ「就職人気ランキング」

1位伊藤忠、コロナ影響でランキングに異変

調査対象者は、就職サイト「ブンナビ!」に登録する現在就活中(2021年春卒業予定)の大学生や大学院生で、登録者のうち、大学名を問わず2万4000人以上が回答している。調査期間は2019年10月1日から2020年3月15日まで。「前半」とあるのは、同調査が年に2回実施されているからで、調査をあこがれやイメージが強い就活の「前半」と、実際の説明会や面接を経た「後半」とをわけて傾向の違いを分析している。

結果を見ていこう。1位は大手総合商社の一角、伊藤忠商事が入った。前回(2020年卒生・前半)のランキングでは6位だったが、一気に首位に輝いた。このランキングでトップになるのは初めてだ。男子学生のランキングでは前回に引き続きトップになったが、女子学生のランキングでも2位に入り、男女問わず人気が浸透する結果になっている。

伊藤忠商事で働く人に焦点をあてたコーポレート広告やテレビCMを多く流しており、その効果などで就活生の注目度も高まっている。また、2020年は入社式を行えなかったものの、社長自ら新入社員を玄関で出迎えるというイベントを実施した。そこからも新卒をはじめ社員を大事にする姿勢が伺える。

2位は全日本空輸(ANA)となった。前回と前々回(2019年卒・前半)でトップ、2019年の6~9月に実施した2021年卒の速報版のランキングでも1位をキープしていたが、今回は首位から陥落した。投票期間は3月半ばまでだったが、新型コロナウイルスの流行拡大に伴う業績の急減速懸念が影響したと思われる。なお、女子のランキングでは引き続き1位をキープしている。

同様に、運輸業界のランキングの落ち込みが大きかった。同じエアライン大手の日本航空(JAL)は、10位と前回の3位から後退。鉄道も東日本旅客鉄道(JR東日本)が19位から28位、東海旅客鉄道(JR東海)が28位から92位と大きく落ち込んでいる。

銀行以外の金融の人気は顕著

3位は日本生命保険。前回の4位からワンランク順位をあげた。銀行以外の金融の人気は堅調で、トップ10内には4位大和証券グループ、9位損害保険ジャパンと3社が入っている。

一方、採用数の削減によって人気がダウンしていたメガバンクは、みずほフィナンシャルグループが前回の7位から15位にダウン、三菱UFJ銀行も12位から33位、三井住友銀行も30位から42位にそれぞれ順位を下げている。ただ、26位の三井住友信託銀行など順位を大きく上げている銀行もあり、今後は採用姿勢などによって銀行間で人気が二極化する可能性もあるかもしれない。

5位は明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)。前回の2位からはダウンしているが、引き続き理系のトップを維持するなど、高い人気を誇っている。6位は博報堂/博報堂DYメディアパートナーズで、久々に広告代理店がトップ10圏内に入ってきている。7位丸紅、8位大日本印刷と続く。

11位以下を見ると、金融が多く上位ランクインしているほか、商社や広告代理店などの存在が目立つ。AIやビッグデータが注目される中、17位Sky(前回21位)、34位NTTデータ(前回79位)などシステム系の会社の人気がじわりと上がっている。

次ページ就職人気ランキング1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。