コロナで激変「印象のよい採用サイト」トップ20

エアライン2社の人気が急落、IT企業が追い上げ

2021年卒では異変が起こった。ANAは14位、JALは19位に落ちた。この調査は6月に行われているから、ANA、JALの経営不振を知った学生の意識を反映しているとみるべきだろう。そういう不利な情報が各種のニュースで報じられている中での14位と19位。健闘していると評価すべきかもしれない。

ANAとJALに対してデザイン性を評価する学生が毎年多いが、2021年卒採用ホームページでも、ANAは優れていると判断されている。「青をモチーフにさわやかなイメージだった」(中堅私立大・文系)、「探しやすさ、見やすさ、情報量、共によいものだった」(その他私立大・文系)。JALもデザインへの評価が高く、「デザインがきれいだった」(上位私立大・理系)、「かっこよかった」(上位国公立大・文系)と好感されている。

また両社ともインタビュー記事が人気だ。「大空を舞台にした仕事」だから、社員の生の声が学生の夢をかき立てているように思える。

エアラインに代わりIT系が伸長

エアライン系2社と対照的に順位を上げているのが、IT系の3社だ。アクセンチュアは8位→1位、NTTデータは12位→2位、楽天は12位→5位とかなりの上昇率だ。IT産業は範囲が広く、この3社の業務内容や企業文化は異なっているが、業績好調という共通点がある。

次ページ1位はアクセンチュア
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT