コロナで激変「印象のよい採用サイト」トップ20

エアライン2社の人気が急落、IT企業が追い上げ

ソニーは、2020年卒で5位、2021年卒で2位。ただ今年は同数で2位になった企業が3社あるので、定位置と言っていいだろう。そして、その評価で目立つのは理系の多さ。ソニー製品はどれもユニークでかっこいい。理系学生が憧れるのは当たり前だろう。コメントにも「かっこいい」という評価は多い。また「シンプル」という言葉も目立って多い。「かっこよく、かつ記事がシンプルにまとまっている」(早慶大クラス・理系)。

記述はシンプルだが、内容は豊富で詳しく深く理解できるようだ。優秀なライターを起用していることがわかる。「選考過程について詳しく載せてくれていた」(その他国公立大・理系)、「自分の専門に合わせた細かい事業が分かりやすく記載されていた」(旧帝大クラス・理系)。

旭化成は文系理系の両方に人気

7位の旭化成は、就職人気ランキングで常に上位をキープしており、採用ホームページへの評価も高い。ただ、同社はコンシューマー向け製品も持っているが、B to C企業とはいいにくい。ヘーベルハウスという建設事業を知る人はいるし、サランラップはスーパー・コンビニでお馴染みの製品だが、旭化成と結びつける人は少ないと思う。したがって、就活開始前にその存在を意識することは少ないはずだが、就職人気は根強い。

学生のコメントを読むと、多くの事業分野をわかりやすく説明しているようだ。たぶん長年にわたり、どうすれば学生に届くかの工夫を重ね、その経験の蓄積が高評価に繋がっているのだと思う。「感覚的に企業理念が伝わってきた」(早慶大クラス・理系)、「専攻が関係なさそうな学生にとっても興味が持てる内容だった」(旧帝大クラス・理系)。

8位のオリエンタルランドは、コロナ禍によって業績が大幅に悪化した。9月末、ディズニーランド内に「美女と野獣」をモチーフとする新エリアが開業したが、ディズニーランドがにぎわうことと「3密」回避は抵触するので、コロナ禍終息まで経営は厳しいと思われる。しかし、学生の人気は高く、採用ホームページの評価は、2020年卒の10位から2021年卒は8位へとランクを上げている。

学生コメントを読むと、キーワードは「夢」「理念」だ。「夢の国を想定したHPとなっており、連絡先をあえて目立たなくするなどの配慮が見られた」(中堅私立大・理系)、「毎回、ログインした際に出る言葉が素敵だった」(中堅私立大・文系)「理念に共感できた、知りたいことがわかりやすくなっていた」(早慶大クラス・文系)。

次ページ東京海上日動火災保険は「さわやか」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT