コロナで激変「印象のよい採用サイト」トップ20

エアライン2社の人気が急落、IT企業が追い上げ

2020年卒で3位だった東京海上日動火災保険だが、2021年卒では9位と順位を下げた。同社のホームページについては「さわやか。見やすい」(旧帝大クラス・文系)とある。そのさわやかさは「青」にあるようだ。「青で統一されていて見やすかった」(上位私立大・文系)。

若い学生は向上心が旺盛だが、向上心には具体的な目標が必要だ。「こんな大人になりたい」と思わせるホームページに学生は共感する。「働いている社員の印象がよかった」(早慶大クラス・文系)「さまざまな情報が見やすく、社員の方の写真ともに紹介があった」(早慶大クラス・文系)。

2020年卒の61位から2021年卒では9位へと大躍進を遂げたのが任天堂だ。同社のホームページの評価ポイントは、「職種のわかりやすさ」と「楽しさ」。「企業のイメージや仕事内容が非常にわかりやすかった」(早慶大クラス・文系)、「社員さんの体験記がとても魅力的な内容で、その職種の面白さを余すことなく伝えていると感じた」(旧帝大クラス・文系)。

キャラクターに触れるコメントも多い。「任天堂の顔であるキャラクターがあり、見ているだけでも楽しかった」(中堅私立大・文系)、「選考に進むかどうかにかかわらず、見ていて楽しいホームページだった」(上位国公立大・文系)。

応募意欲を高める工夫を

2021年卒採用ホームページのトップ10企業を見てきたが、評価されるホームページに共通するのはデザイン性だ。学生は「見やすい」「わかりやすい」と書くが、「使いやすい」「ほしいページにすぐ飛べる」などの遷移のしやすさは体感速度を上げて好感度を上げる。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

学生の理解を深めたいなら社員に語らせたほうがいい。言葉だけの理念は伝わらない。抽象的な企業理念を語りたいなら、その理念が生まれた時代背景や創業者の人となりもストーリーとして語るべきだろう。動画コンテンツも重視したいポイントだ。学生は丁寧に見ている。制作の労は大きいが、見合うだけの共感は得られるはずだ。

これまでの新卒採用は、就活サイトや学内企業セミナー、合同企業説明会による集客に期待していた。しかし、コロナ禍によって対面式の採用活動は制限され、これから緩和されることはあっても撤廃されることはなさそうだ。期待できない。

自社の取り組みによって学生をひきつけ、応募意欲を高める施策が重要になる。既存の新卒採用の仕組みでできることは限られており、まずなすべきは採用ホームページの充実である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT