就活生が選ぶ「印象のよい採用サイト」20社

ANAとJALが人気、ソニーは理系から高評価

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の採用ホームページは就活生からの評価が高い(撮影:尾形文繁)

就活の基本はまず自己分析、続いて業種研究と企業研究だ。この企業研究で学生が最もよく利用するのが企業の採用ホームページだ。

リクナビ、マイナビなどの就職ナビは、フォーマットに則って作られており、企業の個性はよく見えない。企業の誇りや自信が表れるのは、自らが企画工夫して作る自社の採用ホームページだ。そんな採用ホームページを学生たちはどのように評価しているのだろうか?

HR総研は、「楽天みん就」と共同で、2020年卒就活生を対象に1人1社だけ「最も印象のよい採用ホームページ」を選んでもらった(有効回答数:1890人)。その結果を上位20社まで紹介しよう。

1位、2位はエアライン

上位20社の顔ぶれだが、就職人気ランキングの顔ぶれと大差はない。1位と2位は全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)というエアラインの2社だ。この数年で圧倒的に高い人気を誇っており、今回の調査では総合ポイントが40ポイント以上なのはこの2社だけである。

『就職四季報』特設サイトはこちら

ただ文理の差を見ると違いがあり、ANAは理系からの支持が多いのに対し、JALは比較的少ない。

続く3位東京海上日動火災保険は総合38ポイント、文系36ポイントとなっている。

4位にカゴメ、7位に味の素と食品系2社が入っているが、人気業種の定番だ。この種の人気調査では文理の差がかなり大きいのが普通だが、カゴメ(文系19ポイント、理系18ポイント)と味の素(文系16ポイント、理系17ポイント)はほぼ同じスコアになっており、幅広い層から支持を受けていることがわかる。

次ページ理系が憧れるソニー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。