インターンシップ「学生のウケが良い」トップ10

1位三井住友海上、2位ニトリ、7位キーエンス

学生にとって「印象の良かったインターンシップ」を実施する企業の特徴は?(画像:kikuo/PIXTA)

今やインターンシップは就活の最大イベントになりつつある。2021年卒学生をメイン対象としたサマーインターンシップが、今、真っ盛りとなっている。

本来は学生に長期の就業体験を与え、成長の糧にするものだったが、この数年で1Dayと称される短期インターンシップが急増し、実質的な会社説明会、学生とリクルーターを結びつける接触機会になっている。

重要性が増しているだけに、魅力あるインターンシップにする工夫が欠かせない。どのようなインターンシップを学生は歓迎しているのか? 

『就職四季報』特設サイトはこちら

HR総研は、「楽天みん就」と共同で、2020年卒就活生を対象に「印象の良かったインターンシップ」(2018年6月~2019年2月実施分)を調べている。その結果を紹介したい。この設問に1588人の就活生が回答しているが、1人1社しか投票できない。つまり、最も印象の良かった企業のインターンシップのランキングである。

1位は三井住友海上火災保険

近年の就職人気企業ランキングでは航空系2社(ANAとJAL)がトップと2位を占めることが多いが、今回のインターンシップ調査ではトップ10に入ったものの4位と5位にとどまっている。そして、最も多くの評価を得たのは三井住友海上火災保険だった。

コメントを読むと、なぜか早慶大クラスの学生からの支持が多く、1Dayと5日間のプログラムがあることがわかる。

「1Dayのものだったが、社会人で必要なスキルを体感できたと感じたから」(文系・早慶大クラス)

「5日間で営業ワークや新規事業立案などいろいろできたから」(文系・早慶大クラス)

次ページ就活本番の予行演習に好適
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。