インターンシップ「学生のウケが良い」トップ10

1位三井住友海上、2位ニトリ、7位キーエンス

学生にとって「印象の良かったインターンシップ」を実施する企業の特徴は?(画像:kikuo/PIXTA)

今やインターンシップは就活の最大イベントになりつつある。2021年卒学生をメイン対象としたサマーインターンシップが、今、真っ盛りとなっている。

本来は学生に長期の就業体験を与え、成長の糧にするものだったが、この数年で1Dayと称される短期インターンシップが急増し、実質的な会社説明会、学生とリクルーターを結びつける接触機会になっている。

重要性が増しているだけに、魅力あるインターンシップにする工夫が欠かせない。どのようなインターンシップを学生は歓迎しているのか? 

『就職四季報』特設サイトはこちら

HR総研は、「楽天みん就」と共同で、2020年卒就活生を対象に「印象の良かったインターンシップ」(2018年6月~2019年2月実施分)を調べている。その結果を紹介したい。この設問に1588人の就活生が回答しているが、1人1社しか投票できない。つまり、最も印象の良かった企業のインターンシップのランキングである。

1位は三井住友海上火災保険

近年の就職人気企業ランキングでは航空系2社(ANAとJAL)がトップと2位を占めることが多いが、今回のインターンシップ調査ではトップ10に入ったものの4位と5位にとどまっている。そして、最も多くの評価を得たのは三井住友海上火災保険だった。

コメントを読むと、なぜか早慶大クラスの学生からの支持が多く、1Dayと5日間のプログラムがあることがわかる。

「1Dayのものだったが、社会人で必要なスキルを体感できたと感じたから」(文系・早慶大クラス)

「5日間で営業ワークや新規事業立案などいろいろできたから」(文系・早慶大クラス)

次ページ就活本番の予行演習に好適
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT