インターンシップ「学生のウケが良い」トップ10

1位三井住友海上、2位ニトリ、7位キーエンス

6位の三菱UFJ銀行のインターンシップは本格的な印象を受ける。専門性が高く、涙するほど感動する内容とはただ事ではない。また、自行や銀行業界だけでなく、他業界への批評も話してもらえるようだ。聞いてみたいものだ。

「非常に専門性の高いプログラムを行っていたから」(文系・中堅私立大)

「感動して涙が出た。素晴らしい仕事だと思った」(文系・その他私立大)

「他業界を暗にディスっている内容で面白かったから」(文系・早慶大クラス)

7位の東京海上日動火災保険のインターンシップでも、社員の人間力を評価する学生が多い。期間は5日間と長く、一緒に過ごす大人(社員)が自分たちを理解しようとしてくれれば、感激するだろう。

豪華な昼ご飯に驚いている学生がいるが、どんなランチだったのだろうか? 食べてみたい。

「社員の方がとても丁寧に接してくださったから」(文系・旧帝大クラス)

「人が良かった。特にメンターが支えてくれた」(文系・早慶大クラス)

「お昼ご飯が豪華だった!」(文系・上位国公立大)

キーエンスは「自己分析合宿」

合宿形式でインターンシップを行うのが同じく7位のキーエンスだ。内容は自己分析だ。下記のコメントを読むと、宣伝は一切しないようだ。設計業務を体験させたり、掘り下げて自己分析をさせたりとハードに見えるが、学生は喜んでおり、「利益度外視」の姿勢を評価している。理系からの支持が多い。

「企業宣伝より学生のことを考えたプログラムだった。就職活動で大切にすべきことなどについてのプログラム」(文系・早慶大クラス)

「自己分析を非常に深くできた」(理系・旧帝大クラス)

「設計の業務体験ができたこと」(理系・旧帝大クラス)

「利益度外視でお金をインターンシップにかけていたから」(理系・旧帝大クラス)

次ページソニーは職場に入れて感動
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。