織田信長「桶狭間の戦い」前夜に見せていた奇策

因縁の強敵・今川義元とどのように戦ったのか

信長は、天才だったのか? それともバカだったのか?(イラスト:えのすけ/PIXTA)
〝終わりの見えない戦乱の世──戦国時代〟は、ある面で現代と似ています。
そんな激ヤバな時代を生き抜いた武将たちのエピソードが、現代の私たちの参考にならないわけがありません。それに、過酷な時代をフルパワーで駆け抜けた彼らは、現代で言えば、「バズること」と「炎上する」ことしかやってないんです。
そこにあるのは、失敗も成功もバズりも炎上も書いてある、生きた教科書。
「『桶狭間の戦い』が今も歴史に深く刻まれる意味」(2020年10月28日配信)に続いて、お笑いコンビ「ブロードキャスト!!」のツッコミ担当で、歴史の「超現代語訳」で知られる房野史典さんの新著『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』より、「桶狭間の戦い」章の一部を抜粋、再構成してお届けします。

信長が対峙したのは今川義元というバケモン大名

【桶狭間の戦い】パート2です。

では、前回のおさらい。

昔、尾張という国に、織田信長という〝うつけ(超バカ)〟がいましたとさ。
      ↓
しかし、そのうつけ、実はすごいやつ。
      ↓
なんと尾張国をほぼ統一しちゃいます。が……
      ↓
今川義元というスーパー大名が尾張に攻めてくるらしい……!!

終わりました。

いや、まだ始まってもいませんが、終わったも同然です。

今川義元=バケモン大名。

尾張国を統一するかしないかという、足元おぼつかない信長に対し、義元が支配する国は3つ。

駿河国(静岡県中部・東部)、

遠江国(静岡県西部)を持ち、

三河国(愛知県東部)も従わせてる大大名です。

そんな、〝海道一の弓取り〟(東海道で一番の大名)という異名を持つ義元自身が、大軍をひきつれて尾張国に攻め込んでくるというんですから、ヤバいなんてもんじゃありません。いや、ヤバいなんてもんです。

ドラマで言えば──設定は「部活」でも「町工場」でもなんでもいいんですが、

「あんなにバラバラだったチームがやっと1つにまとまった。しかし、喜びもつかの間、新たに巨大な敵が出現……!」

という、前半パートのクライマックスシーンみたいなもんが、このときの状況(個人の見解です)。

ただ、ここで1つ注意点。

今川義元は、〝新たな敵〟ではなく、パパ・信秀のころからの、

〝因縁の相手〟

なんですね。

だからね、すでにね、織田と今川って、ちょこちょこ戦ってんの。

次ページ父・信秀の死後に一部の家臣が信長を裏切っていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT