アリの思考 vs.キリギリスの思考

「問題解決」から「問題発見」に跳ぶための3つの視点

下の図はこれを模式的に表現している。

ここで言う上流側の「問題発見」は「白紙の上に枠を定義する」ことであり、その下流に位置する狭義の問題解決とは「『決められた枠』の中を最適化する」ことである。その境目が問題という「枠」の定義である。

たとえば携帯電話の開発で言えば、「携帯電話の開発」という問題(What)が与えられた後に、最高の性能や機能を持った携帯電話を開発する(How)というのが、「与えられた問題を解く」ということである。

「さらに多機能かつ高性能の携帯型の移動端末が求められている」という顧客のニーズ(Why)を新たに発見して、「スマートフォン(やタブレット)という新たなカテゴリーの製品の開発」という新しい問題(What)を定義してそれを具現化するのが、問題発見→問題解決という広義の問題解決の流れになる。

言い換えれば、Whatが与えられたときにそれをHowに落とすのが問題解決で、WhyからWhatそのものを導きだすのが問題発見である。

別の例としてシステム開発・導入を考えてみる。顧客から「こういうシステムを作りたい」という要望(What)があった後に、それを詳細仕様に落として具現化する(How)のが問題解決型の業務で、経営課題や真のニーズ(Why)から「そもそもこういうシステムが必要だ」(What)と逆提案するのが問題発見型の業務と言える。

次ページ思考回路が逆になる3つの視点とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。