アリの思考 vs.キリギリスの思考

「問題解決」から「問題発見」に跳ぶための3つの視点

「キリギリスの思考」に跳ぶための3つの視点

ここで2つの思考回路の根本的な相違点を3つ挙げる。これらのポイントが「アリとキリギリス」という名前で表現した理由そのものである。下の図を見てほしい。

「アリ型思考」と「キリギリス型思考」の3つの相違点をアリの世界とキリギリスの世界をイメージすることで表現している。

ひとつ目が「ストック」と「フロー」との違いである。ここでは主に知的資産、つまり過去の経験や知識を、蓄積したストックとして珍重するか、一度使ったら捨ててしまうというフローで考えるかの違いである。「知っているものからの発想」か「知らないものからの発想」かの違いとも言える。

かの有名なイソップの寓話を思い出してもらえれば、「貯蓄型」のアリがストック思考で「あればすぐに使ってしまう」キリギリスがフロー思考というイメージがおわかりだろう。

2番目は「閉じた系」か「開いた系」かの違いである。ここでの閉じた系で考えるというのは端的に言えば、物事に自らの常識や判断基準で「線を引いて」その内側と外側とを区別して考えるか、すべてのものをありのままに見るかの違いである。

自らの「巣」を持っているアリは、「組織の中と外」や「常識と非常識」とを明確に区別して発想するのに対して、「拠り所としての巣」を持たないキリギリスは、特に「線を引かず」にフラットに物事を観察するという違いがある。

そして3番目が「固定次元」で考えるか「可変次元」で考えるかという違いである。簡単に表現すると、基本的に前後左右という「2次元」の動きしかできないアリと、必要に応じて「跳ぶ」という「3次元」の動きもオプションとして持っているキリギリスとの違いである。

次元とは「問題の変数」のことだ。変数を固定して考えるのがアリで、変数そのものを変化させて考えるのがキリギリスである。

以上、3つの思考回路の相違点をまとめると、「問題解決重視」のアリは、「ストック重視」かつ「閉じた系」で「次元を固定して」考える。一方、キリギリスは「フロー重視」で「開いた系」で「次元を自在に増減させる」。

次回以降でこれら3つの思考回路、思考の視点の相違点と行動パターンの相違についてひとつずつ具体的に解説していきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。