「週4時間だけ働く」生活を編み出す方法

“お粗末な生活”から抜け出した、人気作家に学ぶ

連休でホッとしていると、誰しも、こういう日がいつまでも続くといいのになあと考えるだろう。毎日、目まぐるしく仕事をし、残業も続く。ようやくやってきた週末はあっという間に終わり、また1週間が始まる。

そんな生活をしているならば、ちょっと考えてほしい。もし、週日は仕事を4時間だけすれば生活できるとなったらどうだろう。そんなことが可能なはずはないと思うだろう。だが、誰にでもそれが実現可能だと言ったのがこの人、ティム・フェリスだ。

週に80時間も働いた、お粗末な過去

夢の働き方を手に入れたティム・フェリス(写真:The New York Times/アフロ)

ティム・フェリスは、2007年に『週4時間だけ働く』という本を出して、一躍、注目を集めた。その後、効率的にダイエットする『4時間ボディ』、プロ級の料理の腕を短時間でマスターするための『4時間シェフ』をいずれもベストセラーリストに上げた。

フェリスは人気作家であり、ライフハッカー。そして現在、シリコンバレーを拠点にスタートアップに投資をしたり、アドバイスをしたりもしている。生活を楽にし、仕事をやりやすくするというフェリス流のアプローチは、インターネットビジネスやサービスで起業家たちがまさに提供したいと考えていることにほかならないからだ。

悠々とした生活を勧めるフェリスだが、もともとこの本が以前の彼のお粗末な生活への憤りから生まれているのは面白い。

テクノロジー企業に就職して、セールス担当となったフェリスは、週に40時間働いて給料があまりに安いことに愕然としたという。魂を売るような毎日から脱出を図るために起業。サプリメント販売会社を興した。ところが、こちらは給料は高いものの、週に80時間労働。同じように、自分をなくしてしまうような毎日だった。

しばらく続けた後に、会社の運営を人に頼んで旅に出た。自分の生活を見直そうとしたのだが、結局15カ月ほども世界を放浪し続けることになった。そしてその間、会社は何の不自由もしなかったのだ。

基本は、80:20ルール

そうした経験から書いた本が、『週4時間だけ働く』である。基本になっているのは、80/20というルールだ。これは、「自分の80%の生産性は20%の時間で達成できる。そして、仕事上の20%の不要なものが80%の時間を食っている」というものだ。つまり、その20%の不要なものを取り除けば、これまでの20%の時間だけでかなりの仕事がこなせるというわけだ。

次ページマルチタスクは禁物
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。