「週4時間だけ働く」生活を編み出す方法

“お粗末な生活”から抜け出した、人気作家に学ぶ

誰が読んでも思い当たる節があるだろう。そして、それならば20%を取り除けばいいのだとやる気にさせるのが、この本の特徴だ。では「週4時間だけ働く」には、具体的にどうすればいいのか。

まず、目標を定めること。どんな生活を送りたいのか、何を達成したいのか。上司や客に気を使って給料をもらい、それで高級時計を買いたいのか。それとも自分の夢があるのか。また夢を実現するのに失敗したら、最悪、何が起こるか。最悪の事態となっても、夢のためには大したことではない、となるかもしれない。あるいは、そこで多少の修正が必要になるかもしれない。

頭を悩ませる客を切る決断も

『「週4時間」だけ働く。』は日本語でも出版されている

次に、無駄を取り除くこと。肝心の生産的作業をやり遂げるために、メールや電話には応えないことも必要だろう。マルチタスクは禁物。前夜のうちにやることリストを作って、朝から全力でこれに取りかかるのだ。

無駄と言えば、フェリスの場合は、頭を悩ませていた客を切ったことで、時間と気持ちの余裕ができたという。客にも無駄がいるという思考の転換はすごいが、それが功を奏するケースはけっこうあるだろう。

いずれにしても、毎日4時には仕事を終え、毎週木曜日には1週間の作業を終えているのが理想的らしい。金曜日は出勤してもいいが、それは自己開発のために使うべしという。本当にうっとりするほど理想的な考え方だ。

そして、収入は自動化する。彼の場合は、スタートアップへのアドバイスの代わりとして受け取った株や投資が、毎年何100万ドルという資産を生んでいるという。うらやましいかぎりだが、労働ばかりしていると、不労所得という別の道があることすら忘れてしまうと、心に刻むことだ。

丸1カ月の休みを取れる生活を、老いる前に

そうして取り戻した時間は、自分を解放するために使う。「ミニ退職」とフェリスが呼ぶのは、たとえば数カ月ごとにまるまる1カ月の休暇を取るような生活を、年寄りになってしまう前に始めろということ。そして、新しいスキルを取得し、新しい世界を開拓する。ダンスを習ったり、料理をマスターしたり。フェリスの場合は、どうもこちらのほうが忙しくなりすぎているようではあるが。

自己啓発のようでいて、精神論や効率一辺倒でないのがフェリスの特徴だ。たとえば、少ない時間で仕事をこなすといっても、それは単純に効率化を図るのではなくて、やったことの効果を高めることに主眼を置くという。

実は、われわれが最もイノベーションをしたいのは、自分の生活や自分自身。そしてフェリスこそ、自分のイノベーションを続けるマニアなのである。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT