ここが変だよ! 日本のタクシー業界

世界のタクシー運転手さん大比較

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。そんな中、人気コラム「グローバルエリートは見た!」の筆者で、『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏が後継者を募集。“芸風が似ている”ということで後継コラムニストとして指名されたブラザー・キム氏が、香港を拠点に世界を飛び回りながら、一流エリートと二流エリートの違いをつづっていく。 

 

「ぎゃあ~~高い、高い、高すぎる!!! タクシー50分乗って、350フランかーい!!」

というわけで、私は今、これをスイスのモントルーで深夜に書いているわけである。わが師、グローバルエリートが大人気コラム「グローバルエリートは見た!」でスイスのタクシーはものすごく高いとお書きになられていたので、その師の言葉を確かめにはるばるスイスにやってきた……わけでもないのだが、今回ジュネーブに深夜に着いて、モントルーのホテルまで50分乗って、実に350フラン。

世の中に時給4万円くらいの仕事って、弁護士とか外資系コンサルとか、スイスのタクシーくらいしかないのではなかろうか。そのタクシーメーターの回転のスピードの速さは、タクシーがバカ高いので有名な、日本のそれをはるかに上回る。そこで興奮冷めやらぬ私は、最近、各国のタクシーに乗って感じたことを、親愛なる読者の皆様にぶちまけることにした。

ヨーロッパのタクシーはバカ高い

まずフランスやスイスのタクシーだが、そもそも夜になると全然、走っていないので、見つかるだけ儲けものである。ちなみにイギリスに行ってもフランスに行っても、円が対ユーロ、対ポンドで急落したので、少し乗っただけでえらく高くつく。ちなみにお金に困っているギリシャとかに限ってタクシーがほとんどベンツなのは、以前西欧の銀行が金を低利で貸しまくったバブルのレガシーだという。

サービスに関しては別に丁寧でもなければ乱暴でもなく、まぁ普通といった感じだ。シャルルドゴール空港などでは、ぼったくりの白タク営業をしかけてくるので、これに注意してほしいが、現地の人は鉄道やバスを使い、このバカ高いタクシーを使っているのは、交通網をよく知らない海外からのお客が多いらしい。

円安を考慮しなくてもそもそも、ヨーロッパのタクシーは日本よりよっぽど高い。これは実は日本の1人当たり所得は世界20位くらいに落ちており、デフレが続いた日本の価格水準に慣れているからそう感じるのだろうか。

なおスイスは世界でも最高水準の所得水準であり、水1本5フランする国なので(ペットボトル1本に5フラン払うくらいなら、目の前のレマン湖の水をそのまま飲みたいくらい)、タクシー料金がバカ高いのも仕方ないのかもしれない。

次ページ中国・香港のタクシーは巨大音量で携帯通話
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT